スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリーを分離しました

「新人類世代のオヤジ日記」から一部のエントリーを分離しました。
メインの日記は「新人類世代のオヤジ日記」です。


エントリー 一覧

スポンサーサイト

ラリーカーコレクションとF1マシンコレクション


F1マシンコレクション 創刊号


マクラーレンホンダMP4/4 アイルトン・セナ 1988

あくまでも私見ですが、セナが活躍していた時代こそが、F1が一番面白かった時代だったと思います。このF1マシンコレクションのために用意されたミニカーは諸事情によりMarlboroデカールが貼られていないため、マニアの人たちには不評かもしれませんが、懐かしさで買う人には十分すぎる仕上がりとなっています。ただし、約1000円という価格だからこそであって、第二号からの2490円では買わないと思います。Amazonとか楽天では割高の価格になっているため、創刊号を欲しい人は直販で買いましょう。


ラリーカーコレクション 第2号


ランチア・ストラトス HF(1977)

約40年前のスーパーカーブームの時に人気があった名車です。カウンタックLP500Sやフェラーリ512BBといったハイパワースーパースポーツに比べてライトウェイトスポーツが好きという少年たちも多かったと思います。主人公が小排気量車で戦う「サーキットの狼」の影響が強いかもしれません。


ラリーカーコレクション 第5号


トヨタ・セリカ GT-FOUR(1990)

GT-FOUR(ST165)は、原田知世主演の映画「私をスキーに連れてって」に登場して大注目されるようになった名車です。あの「凍ってるね」の後の雪道のシーンを見てGT-FOURを欲しくなった若者が大勢いたことでしょう。実は私もその一人で、入社1年目で安い給料にも関わらず見積もりを取りましたが、追い金300万円という金額に諦めました。その代わりに92レビンGT-Zを購入したのです。追い金180万円でしたが、下取り無しだと225万円コースでしたので、車の価格は30年経ってもあまり変わっていませんね。

懐かしさから勢いでポチッしましたが、この3台で打ち止めです。

※購入する場合は直販がお勧めです

今年のポチッした回数は

今週に入って佐川の件を発端にいろいろと報道がされています。

「アマゾン多過ぎ」ヤマトドライバーから悲鳴続出、「利便性」が生んだ過酷な実態

ネットショッピングの拡大で、宅配便の利用が増えている。国土交通省によると、2015年度の宅配便は37億4493万個。この10年間で約8億個(約27.3%)も増加した。

昨日もニュース番組で取り上げられていたため、それでは実際に自分が何回“通販”を利用したのか調べてみました。サイト内で欲しいものを検索、Google検索して他店との比較、ポチッすれば早ければ翌日にモノが届くという便利さに加えて、過去に遡って購入履歴を見る事ができる点も利便性の良さの一つでもあります。


ポチッした回数は「343」でした。あくまでも品物の数ではなく発送単位の数値です。

配送業者は「ヤマト運輸」が圧倒的に多く、次に「日本郵便」、そして「佐川急便」です。「佐川急便」の場合はデフォルトで時間指定されるため再配達の確率は非常に少ないです。「日本郵便」はちょうど家族が留守にする時間帯に回ってくることが多いためか、再配達になる確率が高いのですが、「郵便局に受取りに行く」という方法を取れるため、実際に再配達をしていただく割合は半分以下。「ヤマト運輸」は配達員さんたちの担当地区が決まっているようで、家族が居そうな時間帯に回ってきているようです。それでも曜日によっては留守にする時間帯が微妙に変わるので、すれ違いになることもあるようです。

“いつもの配達員さん”になるのかどうかで再配達になる可能性も変わってくるような気がします。毎日のように荷物が届く家庭なら「あそこの家は○○時なら誰かが要る」となるわけですから。

コンビニとの連携を強化して、数百メール圏内にコンビニがあるのならば、「再配達」という制度をやめて自動的にコンビニでの受け取りにするのも良いのかもしれません。コンビニ側のコストはだれが負担するのかという問題は残りますが、「再配達」に掛かっている業者側の負担を少しでも解消するような仕組み作りをしていかなければ、“宅配”というサービスが崩壊するかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。