「BlogScouter(ブログスカウター)」って実は…

今日、同僚が教えてくれた記事。

→ 自分のブログの影響力を計測・分析できるサービス「BlogScouter(ブログスカウター)」

インフルエンス力の指標となる値は、同社が開発したロジックから算出。ブログの閲覧件数や訪問者数、他サイトからのリンク数、更新頻度に加え、数値化の難しい記事内容や画像の質など、定性的な部分も含めた15項目が設定され、1~100の100段階で表示。

この「15項目」が何なのか興味があったので実験台として「青空写楽」をBlogScouterに登録してみた。

登録直後だから「ポイント 1」。

BlogScouter(ブログスカウター)

明日どのような数値を示すのか楽しみ…

で、終わってしまっては日記ネタにもなりません。

このサービスは、「影響力」を数値で示すことで書き手側の「自己満足」を満たしてあげるものである。(訪問者側としてはそれほど関心があるわけではない)

数値が高ければ「オレって凄いんだ」と思い、低ければ「うっ、哀しすぎ」と嘆くかもしれないが、あくまでも自己満足の世界である。

ではこのサービスの真の目的って何だろうと考えてみた。(最近の「無料サービス」には必ず裏があるものだ)

「BlogScouter」のトップページにさりげなく置いてある「CyberBuzzとは」をクリックしてみた。

あーなるほどね。そういうことですか。

「BlogScouter」というものは「影響力があるブロガーを手間を掛けずに見つけ出す」仕組みですね。

そう、「CyberBuzz」のスタッフが「影響力があるブロガー」を見つけ出すための仕組み。

つまり「BlogScouter」を使ってもらうことで情報が集まるわけで、その中から「影響力が高い」ものを自動的にリストアップさせて、そのリストを基にブログの中身のチェックを人手でやり、「CyberBuzz」に参加してもらうのに相応しいブロガーさんを見つけ出すことができるというわけ。

リストアップされるのは「60ポイント」を超えているブログであり、超えているからといて「CyberBuzz」の審査に通るというわけではない。

以下の意味深な文章は、たぶんそういうことなんだろう。

なんとBlogScouterポイントが60ポイントを越えるとブロガーの皆さんにメリットがいっぱいの「すごい体験。すごいブログライフ。CyberBuzz」から直接登録のお誘いが…?

いいんじゃないですか。「CyberBuzz」は“自己申請”ではなく“招待制”にしちゃっても。その方が全て上手くいくような気がする。

激安有料サーバって



Webサイトの引越し作業を午前中ずっとやっていた。これが意外と手間取ります。ようやく半分ほどできたでしょうか。さすがに無料サーバに比べ有料サーバは軽いです。ストレス無く使える。

午後はずっと昼寝、目覚めたのはなんと夕方6時。一日が終ってしまった。会社でのストレスと「引越し作業」のための寝不足が原因かも。

午後10時、引越し作業再開。ところがサーバに接続できない。FTPもHTTPも何よりもそのサーバの有料会員専用のメンテナンスページすら表示されない。ということは有料サーバそのものがダウンしている?

有料といっても激安(500円/月)だから“安定性”については無料サーバと同じということかも。
 無料サーバ「共有数1500 広告有り 容量50M」
 有料サーバ「共有数200 広告無し 容量200M」
正常に動いていれば有料サーバの方が使い勝手が良いが、無料だろうが有料だろうが止まる時は止まるということでしょう。止めないために必要な費用が利用料に含まれていないと考えればしかたがないことでしょうか。

利用料が高いところは「安定性」を売り文句にしていて、商用目的の利用も想定しているからサーバを止めるわけにはいかない。

レンタルサーバも価格相応の性能でしかないと割りきるか。なんといっても激安なんだから。