スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭文字D Fourth Stage VOL.11

Vol.10で「さてこれから」という場面で“おあずけ”を食らってしまったが、その分、Vol.11で気分を盛り上げてくれます。できればVol.10とVol.11を連続で観た方が精神的にいいかも。

頭文字D Fourth Stage VOL.11
頭文字D Fourth Stage VOL.11

「ACT.21」は「啓介 vs 星野好造」のバトルの後半。
そして、「ACT.22」は「拓海 vs 城島俊也」のバトルの前半です。

Vol.11の最大の見せ場は「啓介 vs 星野好造」の折り返しのスピーンターンでの駆け引き。
アニメならではの緊迫感溢れる演出。
こればかりは、どう頑張っても「漫画」ではできない。
この1シーンのためだけでもVol.11を観る価値あり。

「拓海 vs 城島俊也」のバトルが始まる前、「もてない3人組」の情けない1シーンがアウトサイドストーリーのように現れる。バトルシーンの連続で観る側に“一息入れる”間を与えているのでしょうか。

この間を入れたことでメリハリが付き「いよいよ拓海の出番か!」と再び気分が盛り上がり、バトル開始。またまた良いところで「続く」。

ACT.21「ドッグファイト!」あらすじ
走る啓介のFD。
前方には、先行する星野のR34。
折り返し地点で6秒あった2台の差は確実に詰まり、ついに追いつき、ゴールを迎える。
そして啓介のFDが先行、星野のR34が後ろで2本目スタート。
後ろから啓介のテールギリギリに迫るR34。
ヒルクライムのコーナーの立ち上がりはR34の方が速いがダウンヒルでは軽量のFDの方が速い。つまり、このままFDが折り返し地点まで逃げ切ればプロジェクトDの作戦勝ちだが。。。
しかし、ゴッドフットと言われるほどの星野が無策でいるとは思えない。
やがて2台は頂上の折り返し地点に近付く。
ACT.22「ワンハンドステアの魔術」あらすじ
拓海のハチロクと城島のS2000バトル1本目はハチロクの先行ではじまる。
スタート前、涼介から「耐えろ」「できるだけ相手を見ないで、コースを見るんだ」とアドバイスされる拓海。
城島の持ち味は、円熟したステアリング技術。左手はシフトノブに置きっぱなしで右手一本だけでステア操作をする。
いかに少ない舵角で曲がれるかということを二十年以上も追求し続けてきたというのだ。
タイヤの性能が最大に発揮されるGがかかって滑る滑らないかのギリギリのところ、つまりドリフトとグリップの中間でコーナーを曲がる技術を有する。
全長があまり長くなく、直線のないコーナーだらけのコースで追い抜きは難しい。
もつれて長丁場のバトルにならざるを得ない。
城島はどんなシナリオで決着を考えているのか!?
相手の策に拓海はどう立ち向かうのか?
スポンサーサイト

頭文字D Fourth Stage VOL.10

プロジェクトDの遠征もいよいよ茨城ステージに突入。待ち受ける相手は「峠の神様」と呼ばれる中年オヤジ2名。

頭文字[イニシャル]D Fourth Stage VOL.10

原作との違いはバトルの順番が逆になっているところ。

これは「VOL.11」に収録するエピソードの都合でしょう。

もし原作通りの順番では「VOL.11」が「FD(啓介) vs R34(星野好造)」だけになってしまい、メリハリに欠けてしまうから。(原作の31巻みたいに)

順番を逆にしたことで拓海vs城島俊也の決着シーンへの伏線を張ることができている。城島の「暑さが応える年になった」の一言が結末を暗示している?

「VOL.10」ですが、全般的にムダが全く無い上にテンポ良く進みます。

「さて、ここからが!!」というところでACT.20終了。うーん早く続きを見せてくれ。

「VOL.11」のACT.21でR34との決着。そしてACT.22で拓海vs城島も終了? それともACT.23までひっぱる?

「Fourth Stage」はACT.24で完了みたいですので、“続きはまた今度”で“おあずけ”状態ですか。

たぶん2年間あれば原作が完結するのではと「Fourth Stage」の制作を始めたのに、原作はダラダラとバトルシーンばかり描いて2年間掛けてようやく茨城ステージ(それも1つ)完了。なんじゃこりゃ。そろそろネタ切れですかね。偽者騒動やってるようじゃ…

この調子では「○○○○ステージ」のようなシリーズをやっていくのは難しそうだから、2年に一度「頭文字D祭り」の名目で原作が進んだところまでのエピソードを適当にアレンジして劇場版制作、そしてDVD発売というのはどうでしょうか。

お祭りですから原作を忠実にトレースする必要はないわけで、劇場版独自の峠バトルでも良いと思う。

番外編でぜひとも「富士山五合目(静岡県側)からのダウンヒル」をやってもらいたい。あれは気持ちが良いですよ。

ACT.19 ゴッドフットとゴッドアーム あらすじ
プロジェクトDの次の対戦相手は茨城のパープルシャドウ。
そこには「峠の神様」と呼ばれる2人の男がいる。
F20Cを駆り、ゴッドハンド--神の手と呼ばれるハンドリングの達人・城島俊也。
R34を駆り、ゴッドフット--神の足と呼ばれるアクセルワークの使い手・星野好造。
ヒルクライムは星野と啓介が対戦だが星野から上りと下りの複合ステージ、ダウンヒルよりも先にバトルとの提案があり啓介はそれを受ける。
実はこれはプロジェクトDにとって有利な条件でさりげなくフェアな条件を提示していたのだ。
プラクティスが終わると涼介は拓海と啓介に麓の民宿に泊まるよう指示。
翌日のバトルに備えて疲れを残さないようにするためだ。
それだけ厳しいバトルになることを予想していた。
ACT.20 超絶GT-R! あらすじ
啓介のFD、R34の星野のバトル直前。涼介は啓介に作戦を指示。
「ターニングポイントまでに相手に与えてもいいマージンのリミットは7秒前後」
R34とFDのバトルスタート!
大きい車体ながらも俊敏な動きで先行するR34。
それにくらいついていくFD。
ぶつぶつと独り言を言いながら運転している星野。
誰よりも熱くなる星野が常に冷静さと客観性を失わないために考え付いたやり方だ。
その星野が黙り込んでしまうような状況になれば歯止めの効かない走りになるということだ。
バトル前、涼介は啓介にアドバイスを与えていた。
前半のヒルクライムはタイヤに負担をかけずに温存して後半のダウンヒルで勝負するというものだ。
そしてターニングポイントまでに相手に与えてもいいマージンのリミットは7秒前後。
じりじりと離され、相手の車が見えなくなったFD。
独走状態のR34。
そしてターニングポイント。
2台のタイム差は!?
そして2人の渾身のダウンヒルアタックが始まる!

頭文字D Fourth Stage VOL.9

2ヶ月ぶりの頭文字D、待ち遠しかったです。今夜届いた「頭文字D Fourth Stage VOL.9」を、さっそく観ました。

頭文字[イニシャル] D Fourth Stage VOL.9

Vol.9は、卑劣な埼玉ランエボ野郎との決着を付け啓介の意外な過去が明かされる話と、啓介と恭子の恋物語(?)の2本立てであることはサブタイトルだけでは想像できませんでした。「ラスト・ドライブ」って何なんだろうと思った人も多いのでは?「ACT.18」を観ると「そういうことか」と納得するでしょうが…

ACT.17「埼玉エリア最終決戦」
ACT.17「埼玉エリア最終決戦」
拓海のハチロクとエボロクのバトルがスタート、「悪い仲間を大勢呼び集めている」と負けを強要するエボロク野郎であるが、拓海はエボロク野郎の脅しに屈することなくバトルに勝利する。

原作もこのバトルに関しては短めに書かれていたため、ストーリーは全く省略されていないようです。ただ、原作の読者に親切な「解説」をアニメで実現することは不可能(むりやりナレーションを入れると違和感があるでしょうね)。代わりに涼介が補足する形で解説しています(これはいつものこと)。
ひさびさに格好良いハチロクを見れた「ACT.17」でした。

ACT.18「ラスト・ドライブ」
ACT.18「ラスト・ドライブ」
啓介は、借りたFDのお礼に恭子を食事に誘い、良い感じの二人であるが…。
一方、拓海はハチロクとインプレッサを交互に運転しながら朝の配達を続け、もう一人の自分との「仮想バトル」に励む。

啓介と恭子のデート(?)には、オリジナルシーンが加えられて良い感じにまとまっています。その他は原作通りの内容で登場人物も多く結構内容が濃い「ACT.18」でした。

アニメ版がテンポ良く進んでしまうため、あっという間に原作に追いついてしまいそうです。
「Vol.10」のACT.19で茨城ステージのバトル開始。ACT.20でハチロクvsS2000の決着が付き、FDvsR34GT-Rのスタートシーンで終わるだろうから、このまま行くとVol.11で追いついてしまう可能性大。となるとVol.12とVol.13はどうなる?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。