スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喫煙および水分補給



今日、次のような明らかに変だと思える「社内連絡」が配布された。
----- 転記開始 ----------------------------------------------------
10月1日より、就業時間中に職場を離れ、喫煙および水分補給を行うことを原則として禁止しています。これは、喫煙による健康阻害の防止(禁煙活動)を全社として推進していくためです。
今後もこの禁煙活動を推進していくため、就業時間中は「禁煙」とします。ただし、所定時間終了後に残業を行う場合の1回のみ、どうしても喫煙・水分補給を希望する場合、「離席中」として喫煙を許可します。
これは、禁煙活動の推進中の暫定的な処置として、11月1日より1ヶ月間実施します。11月の状況を確認し、それ以降の対応を行いますので、ご理解・ご協力をお願いすると共に全員への周知徹底ならびに指導をお願いします。
----- 転記ここまで ------------------------------------------------
まずは「喫煙による健康阻害の防止」は分かる。たしかにその通りだ。ところが「喫煙および水分補給を行うことを原則として禁止しています」が明らかにおかしい。ここでなぜ「水分補給」が出てくるのだ。喫煙と水分補給の因果関係は何?
これはどう考えても喫煙族が「タバコがダメならコーヒーもダメにしろ」と騒いだに違いない。つまらない騒ぎを起こしたことで「全部ダメ」になったのだろう。これでは「喫煙による健康阻害の防止」が目的ではなく、「小休憩」を全面的に禁止にしただけだ。アホくさ。

午後の5時間、いっさいの休憩を許さない会社、こんな酷い仕打ちが許されるのだろうか。せこい事をするから生産性がガタ落ちして、かえって会社に損失が出ていることを知らないのか。これを決めたエライさんたちは。
これは10月1日から続けられているくだらない社内規定だ。
そして本日「補足」が追加された。
----- 転記開始 ----------------------------------------------------
所定時間終了後、管理者・監督者の許可を得て職場を離れて喫煙・水分補給をする者は「離席中」と表示したプレートを胸部につけます。所定の用紙に、氏名と時間を記入し、離席中の残業時間は、「無給」とする。
----- 転記ここまで ------------------------------------------------
喫煙を必死に我慢して定時後、プカプカ吸い出す人達で喫煙ルームが溢れかえったのであろう。私は吸わないからどんな状況なのか知らない。
つまりは、9~12時の我慢を昼食時に一気に爆発。そして13~18時の我慢を18時に爆発。いわゆる「まとめ吸い」をするわけですね。これこそ健康を害すると思うがこの際どうでも良い。問題なのは18時以降は「残業時間」になるわけで、「タバコをプカプカ吸っている時間」にも残業手当を払うわけだ。それに気がついた誰かがきっと「それはおかしい」と騒いだのだろう。そもそもこのくだらない社内規定自体がおかしいのに、それには触れず「残業代カット」となる。ほんとアホくさ。
「無給」にするのならば9~18時の間いつでも小休憩をしても良いのでは?と誰もが思うハズ。小休憩した分、18時以降も働けば良いのだ。
昼食休憩を30分にして、午前に15分、午後に15分、それぞれ1回ずつ小休憩を取るようにすれば誰も損はしない。昼食休憩がどうしても60分欲しいならば2回の小休憩分の30分をカバーするため18時30分まで働けば良い。アイデアなどいくらでもある。もっと真面目に考えてくれエライさんたちよ。

社員を大切にしない会社などに未来は無い!
スポンサーサイト

祝日本一 東京読売巨人軍



怒涛の4連勝で巨人が日本一の座を射止めた。やはり最後は「底力」の差で決着したといえるであろう。第1~3戦とは違い、第4戦は「巨人の本当の強さ」を示すような展開であった。

ペナントレースで清原リタイア後に原監督が5番に指名したのは斎藤であった。なぜ斎藤なのか誰もが思ったことだろう。その斎藤は原監督の期待に答えるべく努力をし、そして結果を残した。日本シリーズの西武ドームでの試合は「DH制」である。清原がDHで一塁を守るのは斎藤。原監督の斎藤への期待度は相当のものであると感じられる。その期待に見事に答え「日本一」をぐっと引き寄せる。

長年、控え組の座にいる後藤。誰かが怪我をすると出場機会が与えられる立場。気合だけは人一倍ある。一時は引退を覚悟したシーズン。同じスーパーサブ的要員の元木に比べてもなぜか注目されない。そんな彼が今夜ついにヒーローになれた。「日本一」を確実なものにした一打。彼の三塁へのヘッドスライディング、そしてガッツポーズは忘れられないだろう。

高橋、松井、清原、この3人が打って勝つのは当たり前。目立たない地味な控え組が打つ、代走要員の“俊足”で得点する。そして堅い守り。一つ一つの積み重ねで試合に勝つことができる。それが巨人の本当の強さである。昨年までの「どこからでもドッカーンで勝つ」などは本当の強さではない。

原監督が目指す野球は何なのか。それは分からない。しかしこれだけは言える「原監督は“大監督への道”を踏み出した」。

巨人が強いのか西武が弱いのか



1、2戦の内容だけで判断すると「もしかしたら西武って弱い?」と誰もが思ったであろう。私もそうであった。ところが今夜の試合を観ていたら「西武が弱いのではなく巨人が強すぎるのである」と確信した。

この強さはどこから来るのであろうか?。もともと戦力が豊富であるので常勝球団であってもおかしくない。それができないのは「“有り余る戦力”を使いこなすことができない首脳陣」と「どこか甘えがある選手たち」であったと思える。今期からの新しい首脳陣は上手く選手たちを使った。しかし、それだけでは本当の強さは出てこない。ここぞという時の「底力」が必要なのだ。

ではそれは当初からあったかといえば、たぶん無かったといえる。表面上の強さだけで他球団を圧倒できてしまったのが前半戦。このままいっきにゴールまで行く可能性があった。もしそうなっていたら誰も野球なんか観ないだろう。単独球団の独走では“ペナントレース”の価値がない。ところが主力組がつぎつぎとリタイアしていき暗雲が立ち込める。

2軍とはいわないが1.7軍の戦力で他球団に立ち向かう巨人。苦しい試合が続く。首位陥落が起きてもおかしくない。若手選手たちの頑張りでなんとか土俵際で踏ん張る日々。野球ファンとしては非常に面白くなり、巨人ファンとしては真剣に応援したくなる。そしてなんとか苦しかった期間を乗り切る。控え選手組の活躍に刺激された主力組。この状況が巨人に本当の強さを与えたといって良いだろう。つまり「主力組のリタイア」によって「底力」がぐっと上がったのである。

日本シリーズの相手は西武。タイプ的には非常に似ている。つまりこれが西武の悲劇的な欠点でもある。もしタイプが違っていれば「打ち勝つ」「投げ勝つ」「機動力で勝つ」「頭脳(戦術)で勝つ」などの勝因もあるだろうが、タイプが同じゆえ、全ての面において西武よりも巨人が勝っていれば結果はおのずと決まる。残された道は「運で勝つ」。しかしドーム球場ではなかなか運も発動しないだろう。ならば「伏兵の活躍に期待」だろうが短期決戦では難しい。

「西武が弱いのではなく、巨人が強いのである」

某新聞社が「西武は横浜より弱い」と戯けたことを書いたらしいが、それは間違っている。戦力不足な横浜はあくまでもピンポイントな強さがあるだけ。ではヤクルトとならばどうか。それは分からない。もしかしたらヤクルトが強いかもしれない。なぜならばタイプが違うからツボに嵌れば強さを発揮する。ツホに嵌ったヤクルトは本当に強い。巨人が一番の苦手にしているのはヤクルトであるということも事実。古田選手が元気なうちはこの状況が続くであるであろう。

最後にもう一度「今年の巨人は本当に強い」。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。