スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人騒がせなご近所さん

昨夜の出来事。

夕食後の犬の散歩、雨がパラパラと降っているのに犬が行きたがるので最短コースで行くことにした。

折り返し地点でUターンして、「もう帰るぞ」と犬に話し掛け、犬も今日は素直に自宅の方向に向かって歩き出す。

住宅地の小さな交差点、なにやら大きな荷物が放置されている。「誰だ。こんなところに放置しやがって」とソレに近づいてみると、、、

なんと“人”である。「えらいこっちゃ。人が倒れているじゃん。」「大丈夫ですか~」と話し掛けるが「‥‥‥」無言である。「もしも~し」と肩を揺するが動く気配無し。「これは大変だ」と私が動揺していると犬の散歩をしている主婦Aが通りかかった。

「すいません、携帯電話を持っていませんか。人が倒れているので救急車を呼んだ方がいいと思うので」と話し掛けると主婦Aは近寄ってきて「どうしたの?」と倒れている人に話し掛けるが返事無し。

「そこの家の人に電話してもらう」と言って民家に駆け込む「どうしたの」と驚いた顔で主婦Bが現れる。

私、主婦A、主婦Bの3人で倒れている人に話し掛けるが、「うー」と唸るだけである。

やはり救急車を呼ぶしかないとなり、主婦Bが救急車の要請のTELをする。電話先の救急隊からいくつかの質問があり、主婦Bから主婦A、そして倒れている人へ伝言ゲーム形式で伝えられる。「救急車!」という言葉に反応したのか倒れている人の意識が戻ってきて、とりあえずは「年齢」とどこの住民なのか判明。主婦Aの「どこに住んでるの~!」と叫び声に「○○」と答える。○○といってもかなり広範囲。いったいどこの人なんだろう。薄暗くてさっぱり分らん。とりあえず雨の中、倒れていては大変。頭を打っている可能性があるので動かすこともできない。私は傘を差してあげるのが精一杯である。

数分後、救急車が近くまでやってきた。その音に反応したのか、倒れていた人がムクと起き上がった。そして一同ビックリ!

なんとご近所さんである。主婦Bが叫ぶ「□□さん!どうしたの!」。

(以下、倒れていた人=主婦C)

主婦Cの意外な一言で一同呆れる。

「ちょっと飲みすぎちゃった」

ちょうどそこへ救急車登場。

そこから先はまるで「喜劇」でした。

「なんで救急車なんか呼ぶの~」に対して「雨の中、人が倒れていれば、誰だって心配するでしょ」とキレ掛かっていた私であった。

人騒がせなご近所さんである。寝るのなら自宅に辿り着いてから寝ろ。

この話にはまだいろいろとおまけがあるのだが、一番のオチを最後に書こう。

私が今回の第一発見者だったわけだが、実は本当の第一発見者は別にいたのだ。その人物は近所の中学一年生の女の子である。塾帰りだったらしいが。

女の子が言うには「変な人が道に倒れていたけど、気味が悪いので無視した。」とのこと。「触らぬ神に祟り無し」ちゅうやつか?

勘の良い人なら、そろそろオチが見えてくるでしょうか。

大騒ぎしている最中、女の子も「なんか近所が騒がしいな」と思っていたらしいが、顔を出すことはなかった。

倒れていた人の正体が主婦Cと判明した直後、主婦Bは真っ先に主婦Cの自宅に「お母さんが倒れているよ」と連絡して、すぐにその家の子がやってきた。

「あっ」その子のバツの悪そうな表情。

そうです。倒れている人を無視した女の子こそが主婦Cの娘だったのです。

その場では女の子が第一発見者であることは誰も分かるわけありません。なぜそれが判明したのか、、、、

騒ぎから1時間くらいたった頃、「さっきね」で始まる暴露話が私の娘宛てにメールが届き、娘が私に「○○ちゃん、人が倒れていたの知っていたみたいだよ」と教えてくれたのであった。
スポンサーサイト

写真倶楽部 オープン

5月の連休中に仮オープンした写真倶楽部ですが、4月度にさかのぼって課題を設定したことで課題クリア者数が4名に達しました。これでようやく倶楽部として活動することができます。

毎月の課題(テーマ)に関して、あまり細かい設定をすると課題クリアが困難になるとの意見がありましたので、課題に対して各自が自由にイメージできるようなものに変えました。

6月度の「雨が似合う風景」や8月度の「夏を感じる景色」は各自が何をイメージするのかで撮るものがかなり違ってくると思われます。何を撮ったら良いのかを考えるのも「課題」の一つですから、決められたものを撮るのとは違った楽しみがあるかと思います。

決められたものを撮る場合と自分が決めて撮る場合、どちらが難しいかと聞かれたら「どちらも難しい」と答えるしかありません。前者の場合は「決められたもの」を撮る期間がある程度限定されてしまうので、日程的に困難になる場合があります。そして撮ったものが同じ場合は他のメンバーとの比較が客観的にされやすいので作品として見られるプレッシャーがあります。後者の場合は「何を撮るか」という被写体決めで撮影者の感性が問われるので、撮りに行くまでの準備段階で相当悩むと思います。そして自分がイメージしたものを撮るためにはどうしたら良いのかという工夫も必要になってきます。よって前者の場合は撮影テクニックの勝負、後者の場合は個性・感性の勝負といえるかもしれません。

再起不能になったノートPCが…

以前、バッテリーが原因で動作が非常に不安定になったノートPCに出くわしたことがあったので、再起不能になった娘のノートPCも「電源」回りが怪しいように思えた。

そこで、会社で使っているノートPC(偶然にも同時期に発売された同一メーカーの製品)からバッテリーとACアダプタを拝借して試すことにした。

帰宅後、まずはACアダプタのみ交換してみると、、、、、

ありゃま、起動しちゃったよ。

もしかしたらケーブルか?

ACアダプタを元の物に戻し、電源ケーブルのみ替えてみると、、、、

やっぱりそうか‥

なんと「再起不能」の原因はコンセントからACアダプタまでのケーブルであった。この手のケーブルならきっと使っていないのがあるはずとゴソゴソの家中の引出しを探し回ると、今はもう使っていないビデオカメラのACアダプタが見つかり、そのケーブルが上手いこと使えそう。

さっそく試してみると何事も無かったようにノートPCは起動し、今まで起動時に出ていた意味不明のメッセージまで消えていた。

なんとまあ、どうしましょうかね。昨日、新しいPCを買ってきたのに‥

「たまたま起動しているのかも」

負荷が掛かるスクリーンセーバーを一晩中動かして様子を見ることにした。

そして朝、ノートPCを見ると「やっぱり」、、、、、止まって、、、、、いません。元気に動きつづけています。

さてさて困ったものです。完全に壊れたつもりで新しいPCを買ってしまったのに、元気に復活、それも以前よりも快調そのもの。これが「軽くて携帯もバッチリ」なら使い道はあるのだが、重量が3キロもあるので持ち運び目的では使いたくないなぁ。

妻の一言「これどうするの」が重く圧し掛かる。ほんとどうしましょうかね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。