疲れた祭り

今日は地元の祭り。

雨降れ雨降れと祈っていましたが、ものの見事にドピカン晴れです。悔しいくらいのサンシャインを浴びながら、一生懸命「神輿実行委員」のお仕事をしました。もうヘトヘトですよ。かなり走り回りました。出立式の司会の件は以前から聞いていたので「台本」通りに進めるだけ、まあこれもイヤなんですが仕方がない。神輿の先導役、これが問題でした。先導といってもただ単に先頭を歩くのではなく、2台の神輿の様子を時々見ながら、公道を通るために先行して道路の状況チェック。車がくれば誘導、神輿到着前に休憩場の準備具合を確認(3ヵ所)、何か問題があれば手配。

走り回ってもうヘロヘロ。

そんな大変なことだとは一言もなく「あなたは先導役です」と1週間前に言われただけ。先導役がどんな役目なのかも説明無しで、当日の私の判断であっちこっち走り回る。ぜったい一人じゃムリだっちゅうの。案の定、休憩場の不具合のため走り回っていたら、休憩場とは違う方向に神輿が進んでしまい、Uターン、途中で2台の神輿がコースを分かれて進む関係で、分かれる直前になってから参加者に臨時の先導員をお願いしたら、ものの見事にコースミス。

ミスが2件続いたために“長老”がとっても不機嫌。最悪だったのが、長老が昔世話になった老夫婦の宅の前を通るハズだったのに、臨時の先導員さんのミスで通らずじまい。急きょコース変更してその老夫婦宅へ向かうようにし、まずは私が先行してお詫び。2台の神輿は小学生の学年で分かれているため、小さい子の神輿のペースは遅い事とあまりムリをさせられないことを神輿を進めながら委員長と相談。またまた急きょコース変更など、ほんといろいろ大変な「子供神輿」でした。

長年続いていた神輿コースをなぜか今年は変えようという意見が多数を占め、子供会でコース決めするからということで委員長も私も安心していたら当日実際に神輿を担いで周ってみると「えらいこっちゃ」です。大人が手ぶらでグルッと一周するのとはぜんぜん違います。

そんなこんなで、いろいろと不手際があったため、昼食会でも反省会でも私は長老の怒りの標的にされてしまった。

ほんと激疲れの一日でした

子供会というものは

私の子供の頃には「子供会」というものはありませんでした。

当時の親たちは非常に忙しく、生活のための共働き家庭が殆どでした。子供のために新しい組織を作って何かやるという余裕などまったくなかったと今振り返ればきっとそうだったんだろうと私は思っています。

私が高校を卒業した頃からでしょうか、小学生の親御さんたちが子供会というものを発足して学校区内の地区別で活動するようになりました。その時期になると生活のために必死に働くという段階を突破して、子供のために何かしてあげようという“余裕”ができたのかもしれません。

私の地元で「子供みこし」が始まったのもちょうどそのころのようです。

時代は変わり、21世紀の今、「子供会」そのものや長年続けられてきた地区の行事そのものの存在価値に疑問を持っている人は大勢います。「子供会の役員」や「地区の行事の役員」を選ぶのに非常に苦労し、そして役員になった人たちは苦労の1年間を過ごします。肝心の子供たちすら、子供会の行事よりも優先すべき事柄が増えてきており、子供会の行事に参加しない、またはムリに参加しているのが現状です。

「時代は変わった」誰もがそう思っているハズなのに、そのことをまともに議論できない雰囲気。「そんなにもめるのなら、この際やめてしまえ」と冗談半分で発言する人がいれば「そんな極論を言わないでくれ」と反発する面々。

「長年続けてきたものをやめる」という勇気は誰も持ち合わせていない。もしやめたとすると永遠に「あの人がなくしたんだ」と言われる。きっとそれが怖いのだろう。

今の子供達は「子供会」というものがなくても何も困る事はありません。

子供会の役員さんたちが行事に参加してくれる子供達を必死に集めているのを見ているとほんと大変だなと思います。

学校が週休二日制になったことで、サッカーや野球のクラブチームに所属しやすくなり、休日の度に練習や試合に出かけている子供もいれば、習い事を増やしている子供もいます。学校や地区に頼らなくても「家庭」という枠内で親が子供のために何かをしてやるというのも非常に多いです。

つまり、昔と違いは今は選択肢が非常にたくさんあるのです。

「子供のために何かしてやる」というのは実の親が自分の子供に対して考えることであって、「自分の時代はこうしてきた」という“昔の小学生の親たち”が余計な口出しをすべきではない。

「子供会や地区で何かやらなければいけない」という義務的なものは今となっては余計なお世話でしかないのである。

席替え

10月1日、今日から私が勤める会社は新しい「期」になります。

月初めの全体朝礼、通常なら社長の「月初のお言葉」をありがたく聞くわけですが、今朝は社長が多忙につき次期社長である某役員さんが代行しました。先日の会社の行事でも某役員さんのお話がありましたが、今朝もお話が長く聞く側は非常に疲れます。そうムリして長く話さなくても良いのに‥。

さてさて朝礼が終り部署に戻ると、こんどは部署の朝礼です。そこで重大発表‥

重大発表なんて大げさなことではありませんが、なんと「席替え」をするそうだ。前ぶりもなく突然。

席替え&レイアウト変更

いろいろと思惑があるらしく、すんなり席替えが出来ないらしい。そこで、一部レイアウトを変更することになったらしいだが、私の席を含めた周辺が大幅に変わるため、朝から大汗をかきながらの肉体労働です。

私の席はかなり長い間替わることがなかったため、足元や席の周りに荷物が山積み状態。

突然、席替えと言われてもほんと困ります。荷物を置く場所が無いんだってば。

「全部倉庫へ運べ」という部長さんからの指示で私はしぶしぶ荷物を運ぶが、まあ出てくる出てくるいろんなものが‥

年に1回くらいは席替えをした方がいいのかも。それをきっかけに荷物が片付く事でしょう。

追記.
今度の席は最悪です。気分がますます暗くなります。