「google」の検索ボックス

最近、イントラのページの設置してあり「googleの検索ボックス」を使うと文字バケしてしまう。

何でだろうと思いながらも放置していたが、今日になってM君が「googleってUTF-8になったらしいですよ。そこら中で『検索できない』って話題になっています」と教えてくれた。

ふーんそうなんだ。さてさてどうしましょうかね。イントラのページをUTF-8にしたくないなぁ。考えること数秒、「『googleの検索ボックス』の部分をインラインフレームにして、そのページだけUTF-8にすればいいじゃん」とひらめき、さっそく取り掛かる。

おりゃおりゃとちゃっちゃっと作り、イントラとトップページを改良して、終了。無事検索できるようになった。

お客様の声を

「お客様の声を会社の利益に変える」

世の中、その様なことが大いに流行っています。何年か前に聴講したセミナーで「そうだよな~」と思ったものですが、今起きているクレームの対処に追われ結果的に何も残らないというのが現実です。「情報を活用すべき」と社内勉強会で私が力説しても「自分達とは関係ないや」と上の空の人たちばかり。

昨日の上司の面接で「我社も取り組むべき」と上司が今更ながら言ってはくれたが、では具体的にはどうするというイメージすら全くなし。早い話「お前がやれ」である。これは正に絵に描いた餅「○○ドリーム」であろう。(○○には上司の名前が入る)