0.025%

“0.025%”なんていう数値を聞くとまるで“雀の涙ほど少ない”銀行の定期預金の利息のようだが、だれが聞いても「そりゃ少なすぎるでしょ」と思える数値が“0.025%”である。

突然、頭に浮かんだ“0.025%”であるが、冷静に考えるとこんな少ないものに何故大量の労力を費やしているんだという話が今日の日記ネタである。

私が勤める会社は「制度的な枠組み」で表せば中小企業であるが、年間の売り上げ金額は“100億円”もある。そう“100億円”もあるのです。ほんと驚きです。会社の中にいるとそんなに売り上げがある企業とはとても思えません。そういう規模の製造業ですからいろいろと設備があるのは当然です。そして年数とともにリプレースされる設備も出てきます。

ホストコンピュータやサーバ、特に業務で使われている重要なコンピュータなどは4年リースで定期的にリプレースされることになっています。今まではそれで何も問題なく導入できていました。しかし、昨年ごろから妙に設備投資に関して厳しくなり、ちょっとしたものでも「通しにくい雰囲気」になっています。

業務で使っている設備が月々のリース代に該当する以上の効果を出しているのならば何も問題がないはずです。よって4年のリース切れに伴い設備が切り替わるというのも変な話ではありません。リプレースしたとしても月々のリース代は同じ、やっている業務も同じ。もし価格的にハードが安くなっているのならリース代も下がります。つまり、ユーザ側(私のような導入側も含む)からすれば、業務継続のために必要な設備を改めて大量の時間と手間を掛けて「設備申請」を再度するというのは非常にムダな行為だと思えるのです。そう感じた部門の極端な例が「面倒だから古いのを使い続ける」と開き直ってしまい、壊れるのを覚悟で使い続け、本当に壊れてしまい業務に支障をきたすパターン。

何か新しい業務を始める時に必要な設備を役員会に申請して買ってもらうのは当然の事でしょうが、4年のリースを切れたタイミングで業務をやめる訳でもなく継続するのにも関わらず新規申請と同様の手続きが必要というのは納得がいかない話です。

“0.025%”とは、100億円の売り上げに対して1000万円の設備を4年間使った場合の売り上げに対する設備の年間費用のことです。会社にとって絶対に必要な設備が年間売り上げの“0.025%”に該当する程度であるにも関わらず、それを申請するのに苦労する人々。

例えば年収が500万円の人の“0.025%”は1250円です。1250円/年の買い物をするのに家族会議を開き“大蔵省”の許可を得る人がいるのでしょうか。

何か変だと私は思う。

結婚披露宴

今日は姪の結婚式です。名古屋駅周辺の式場までドライブ(これだけでも疲れる)

披露宴でのカメラマンを頼まれているから、完璧に撮影モードに突入。
予想通り、披露宴会場の照明はチト暗い。そしてライトの関係で色合いが難しそう。
何枚か試写したところ、ストロボを直に当てると手前は真っ白、背景が暗いという最悪の状態。

うーん、今日は失敗が許されないだけにどうしようか…。
ストロボの調光補正をこまめにやることで回避できる場合もあるが、背景が暗くなってしまう問題は解決しない。
ふと天井を見上げると「もしかしたらストロボ光が届くかな?」という雰囲気である。
もしかしたら天井バウンスで上手くいくかも…。
試してみるとホワイトバランスがめちゃめちゃになるが、それと引き換えに「光」の方は上手い具合に人物も背景も撮れる。
どうせRAWで撮るのだから現像時にホワイトバランスを調整すれば済む。
ということで披露宴会場のライトが点いている時は「天井バウンス」、消えているときは「ストロボを直当て」でいくことにした。

披露宴開始早々、あちこちポジションを替えながらバシャバシャ撮りまくる。そんな私の行動を見ていた相手方の親族から私は「プロのカメラマン」だと思われていたようだ。違うちゅうに…。
豪華な食事を出されてもゆっくり食べる時間もなく、水を飲みながらいっきに食べ干す。味わって食べたかった…。

帰宅後、さっそくチェック。結構良い感じ〜である。
深夜まで掛かってセレクト&現像処理&プリント&CD-R焼き。

激疲れの一日であった。

Amazonのキャンペーン

1000円分のポイント還元キャンペーンが本日で終了。こういうキャンペーンを利用してこそ“お買い得”になります。「どうせ近いうちに必要になるのなら」という適当な理由をつけて最終日に購入を決断。まずは1Gのコンパクトフラッシュを追加購入。次の日曜日の姪の結婚式で大量に撮る必要があるから。そして、披露宴の写真をA4サイズでプリントしてプレゼントすることを約束した為、プリンタのインクが大量に必要になったことから10000円を超えるように適当に組み合わせて購入することにしたが、ここでインクばかり買っても後々困る事になる。このキャンペーンで貰えるポイントの利用期間が短いため、その間に欲しいDVDが発売されるとは限らず、ムダにポイントを使いかねない。そこでそういう時こそポイントでプリンタのインクを買うべきだろう。ということでGT選手権の記念本を買う事で帳尻を合わせ発注。

なんだかんだと言ってもAmazonは商売上手だと思う。