祝!西武日本一(2)

今年の日本シリーズは正直言ってどっちが勝ってもいいやぁと思っていたが、なぜか全試合をテレビ観戦してしまった。(「巨人vsダイエー」が観たいぞ!)

毎試合観る度に「なんかすっきりしないなぁ」と何かモヤモヤするものが残った。なぜなんでしょうね。

お互いに勝てる試合を落とし、らしくない試合をするし、「そんなことをしたら…、あらら、やっぱり」なんていうことばかり。

初戦を中日が落とした時点で「もしかしたら中日は1勝4敗か?」なんて思ったりしましたが、西武も中日と同様に「何やってんだか」状態である。

結局のところ「西武が強かった」わけでなく「ダイエーの詰めが甘かった」&「プレーオフ第一ステージで勢い付いた」ということで、「中日が強かった」わけではなく「セ・リーグの他のチームが弱かった(雑な試合が多い)」&「中日はペナントレース全般を考えて戦えた」ということであろう。もし「中日vs巨人」のプレーオフをやっていたらどうなっていたんでしょうね。

祝!西武日本一(1)

パ・リーグのプレーオフを勝ち抜き、そして日本シリーズで中日と激戦の末、西武が日本一の座を勝ち取った。

とりあえずは「おめでとう」と言いたい。

西武がダイエーを抑えパ・リーグを制した時点で「これで中日が日本一か」と思ったものです。「4勝3敗で中日が日本一」と予想した人は結構多かったのでは?

似たようなチームですから、どちらが勝っても不思議では無かった。プレーオフの雰囲気からすると西武は“いっぱいいっぱい(つまりは全然余裕なし)”、片や中日は結構余裕あり、みたいな状況でしたので両者とも手堅い試合をするとしたら中日にちょっとだけ分があるかもと思ったわけです。

ところが「3勝3敗になったら中日は負ける」と予想した人が身近に一人居ました。K部のM君ですが、彼が言うのに「中日はプレッシャーに弱い」とのこと。まさに7試合目は彼が言うような展開で西武の圧勝となったわけです。さすが中日ファンは中日のことを良く理解しているなぁと感心するばかりであった私。

巨大台風

ものスゴイ巨大台風が暴れまわっています。会社から帰る時、ちょうど直撃最中で怖かった〜。従業員玄関から駐車場まで結構な距離、どうやって行こうか悩んでいると某部署の若い人達がボランティアで「シャトルバスもどき」をしてくれていたので、タイミング良く乗せて貰えました。○○君ありがとう。てっ、ごめんなさい名前知らないや。

車に乗り込んでも「さて帰るか」なんて気分になれず、吹き荒れる嵐の中、暫し思いを巡らせる。もちろん、「どのルートで帰るのが一番安全か」を考えていたわけで、ただ単にボーとしていたわけではありません。いろんなルートを頭の中でシミュレーションして「これだ」と閃いたところでイザ出発。

シミュレーション通りに車を走らせ、無事帰宅。やっぱりこういう時は落ち着いて行動するのが一番ですね。