スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつこいポリさん

散々な目にあった社員旅行であるが、帰宅するまで何かと調子が悪かった。社員旅行のバスが山道で事故渋滞に巻き込まれ、40分以上も待ちされたことに始まり、豊田南ICから会社までの間に私の自宅のすぐ近くを通るのに「降ろしてくれ〜」とは言えず虚しさが残り、そして豊田市内がちょうど大渋滞する時間帯に豊田市を通り抜けようとすることでムダな時間を過ごす。

ようやく会社に到着。即効で今来た道を通り自宅へ向かう。

某高校の前の道をいつも通りに走っていると、前方に「スーパーカプ」みたいなバイクがチンタラ走っているではないか。このパターンは今までの経験からすると某高校の夜間部の学生、銀行員、そして郵便局員の何れかである。そしてそれらの人たちは回りを省みずマイペース走行をしてくれるので非常にジャマ。

こちらはジャマされる前にいっきに加速体制に入り、ぶち抜いてやった。あ〜スッキリ〜。で終わるはずであった…。

自宅近くの交差点、ここから自宅までは100mの距離である。今日に限ってなかなか右折できないではないか。いらいらしていると、バイクに乗った変なオヤジが私の車の左斜め前方に回り込み睨み付けてきた。なんだこいつ!うす暗くてよー分からんけど変なやつ。まだまだ右折できそうもない。暇だから変なオヤジを睨み返してやったら…あれ?もしかしたら“お巡りさん?”ですか…。

なんだよ、こいつ。何か私がやったか?ふと左後ろにもう一台バイクが停まっているのに気が付く。なんじゃこりゃ〜。このまま自宅に入るのはヤバイかも。何事も無かったような振りをして自宅を通り過ぎ、住宅街の細い道をわざとらしく走行すると…ずっと付けてくるジャン。これってもしかしたら停止しないとダメじゃんというヤツデスカ?

相手は白バイじゃないから強制的に制止させる権利も方法も無いんだろう。こちらが諦めるまでしつこく追いかけてくるに違いない。

自宅からかなり離れた場所までいき、少し明るめの路肩に停止。

私は車から降り、相手の出方を伺うと…「お前!ポリだと分かっていてブチ抜いていきやがったな!」といきなりブチ切られてしまった。あっ、あの時のバイクがこのポリさんですか。いっきに全開加速したから抜いたバイクなんか見る暇なかった。そこから延々と説教を食らう私であった。下手に抵抗して連行されるのもアホらしいので、とりあえずはひたすら謝って見逃してもらった。

薄暗い中、似たようなバイクで走っておいてポリかどうかなんか分かるかちゅうの。“私はポリさんです”という格好をしてくれ。

あー最後まで悲惨な社員旅行だったわけです。
スポンサーサイト

『団塊の世代に』何を感じますか?

nikkeibp.jpの記事「『団塊の世代に』何を感じますか?」
http://nikkeibp.jp/jp/lifestyle/20041112_special.html

自分の上司に対して「何か合わないなぁ」とか「何を不条理な事を」とか「あの言動は理解できん」と感じている人は上記の記事をぜひ読んでみましょう。

私は、この記事を読んで私の上司が「極めて平均的団塊世代の人」であることがよーく分かりました。接し方を考える必要があると改めて感じた記事でもあります。

「○○世代」というのはいろんな区分け方があるかと思いますが、「団塊世代」というものに照らし合わせて「世代」を分けるとすると、たぶん私は「東京オリンピック世代」になるのでしょう。

団塊世代よりも年輩の方々(戦前戦時中生まれ)は「団塊世代」をどのように捉えているのでしょうか。悲惨な戦争の中を生き抜いてきた人たちからすると、戦後のそれも直後に生まれた人たちをどう思うのか私は分かりません。

私よりも一回り下の世代は「団塊世代Jr.」と呼ばれています。ここ数年間の新人さんたちは皆さんこれに当てはまっています。その人たちからすると会社の「部長クラス」の人たちを「うちのお父さんみたい」と考え、ある程度は不条理な言動を理解できるのかもしれません。

会社の中で何かと心身とも疲れているのが「東京オリンピック世代」だと私は思う。その理由は会社を牛耳っている人たちが「団塊の世代」であり、根本的にその世代の人たちの性質を理解できずに不条理な上司の下で働いている中堅社員が「東京オリンピック世代」であり、この中堅社員と呼ばれる人たちが会社の実務面を担っているからである。

会社が変わらない理由。それは全て「団塊の世代」が持つ自分達の世代を美化しそれが全て正しいことであるかのように下の世代に無理やり引き継がせようとする姿勢にある。

このネタはまた後日へ続く。

ダイエー・ホークス売却について

ダイエーがホークスをソフトパンクに売却するという話題が、ちょっと前の「楽天vsライブドア」ほどには盛り上がらないのは何故でしょうか。ダイエーに関しては以前から売却話が何度もあり、今回はどうなんだろうと世間が注目していましたが、近鉄とオリックスの合併、「楽天vsライブドア」の末の楽天イーグルス誕生という騒動の後にきた「ホークスをソフトパンクに売却」では「ようやく決まったか」程度の話になってしまったのでしょうか。

パ・リーグの球団は苦しい経営状態が長年続き、“もう限界”という段階になって「球団数を減らして1リーグにする」という方針をパ・リーグの各球団の経営陣が考え、まずは実際に球団数を減らしてからセ・リーグに泣きつけばなんとかなるというシナリオを作ったが、ところがどっこい選手会どころか世論さえ敵に回すことになってしまった。万年赤字で経営が苦しい2チームが合併したところでどうして経営状態が改善されるといえるのか。例えば赤字経営を続けている中小企業が各々の社員を半分解雇して合併することにしたとする。それで黒字経営ができる企業になるのか。結局合併してもしなくても同じ結末が待っているだけではないのか。

「1リーグ化を実現できない」が確定した時点で合併話を白紙に戻し、もう一度「どうすべきか」を検討すべきであったのであろうが、既に引くに引けない状態である事と、他にこれといった得策が無い状態であったため「とりあえず合併しちゃえ」となってしまった。その後は世論の力もあり「楽天イーグルス」誕生したわけであるが、これではパ・リーグとして何も変わっていないことになる。「セ・パの2リーグ制で各々6チームで運営」ならば近鉄とオリックスの合併など無意味なことである。新規参入の「楽天」と北海道へ移転してから経営改善の努力を続けている「日ハム」を除いた4チームにとって「まんま元に戻っただけ」である。これでは何のための大騒動だったのか。このようなことになるのなら最初から「近鉄」と「オリックス」をそれぞれ売却すれば良かったのでは?

「楽天」が参入したことでダイエーが「ソフトバンク」にホークスを売却することへの抵抗感が減ったのは事実だと思う。そしてその話が上手くまとまったとすると“球団売却”という大きな問題に対しても世間へ与える影響力も減る。つまり「プロ野球の球団の経営」もあくまでもひとつのビジネスとして考えられるようになるのでは?

西武がどうなるのか。(ニュー)オリックスの今後は?この際、オリックスはライブドアに売却して、西武をマイクロソフトに引き取ってもらうというのはどうでしょう。

まだまだ混乱が続くプロ野球であるが、根本が何も変わらなければどうしようも無いとは思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。