今年は「ブログ」。

昨日に引き続き、今日はプライベート面での振り返り。

写真撮影に関して年頭で「新しい事にチャレンジする」と宣言したものの、「鳥」「競艇(失敗!)」「競走馬」「新幹線」「大相撲」で打ち止め。

サッカー、ソフトボール(社会人)、マラソン、アメフトなどのスポーツ系に挑戦する機会があったのに、気力が続かなく挫折。

“いつもの撮影”のグレードアップとして「F1初撮り」と「富士SWのスーパーGT撮影」ができたのは同僚M君が付き合ってくれたことが大きな要因。独りではちょっと躊躇していたかも。

出張を利用して“遠征撮影”を何度かやったのは自分でも頑張ったなと思うが“ネタ不足”でちょっと消化不良かも。独りでウロウロするのは辛いものです。

今年の後半の撮影に出かける頻度が減ったのは、“ブログ”が原因。

ツールとしての“ブログ”というものにドップリとハマったものです。

“ブログ”に関しては人によって“ブログとは何か”が違うかもしれませんが、私は機能面の“CMS”に魅力を感じ、カスタマイズ次第で自分好みのサイトを構築することができる「MovableType」に随分と時間を費やした。

従来“不便”に感じていたものを解消してくれる素晴らしい仕組みが“ブログ”だと思う。

ところが最近になって“ツール”としてのブログではなく「使う側のスタンス」とか「ブログとはこうあるべき」のようにエントリー(記事)そのものがどうあるべきかという話題が増えてきたような気がする。

「日記システムの豪華版で、ツールとしての機能が優れているから、他にも利用方法がある。」という程度でいいと思うのだが、どうもそこに書かれる中身がどうのこうの言われるようになってきたのは数年前の“ホームページ”と同じ流れでしょうか。あまりにも一般化するとこうなるのは必然かもしれませんが。

アルファブロガー 11人の人気ブロガーが語る成功するウェブログの秘訣とインターネットのこれから

選ばれた11名はこちらに掲載されています。
http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=386

この「アルファブロガー」の方々のインタビューから得るものは結構あります。が、それをもって「ブログとはこうあるべき」というのはどうかと思う。

「個人の主観で記事を書く」それでいいのでは?

“日記”だろうが“読み物”だろうがなんでもいいじゃん。

最新ブログ人気ランキング200

この「最新ブログ人気ランキング200」を見ると「あ~まさに“ホームページ”ブームの再来か」と改めて思わされます。数年前のブーム時に大量に出版された“ホームページ”本と同じです。

“ホームページ”といわれているものも当初は“記事”が重要でしたが、いつしか“見た目”と“コミュニケーション”が重要になり、“お勧めホームページ”のような本の価値が無くなったが、“ブログ”の価値は“記事”ですので“お勧めブログ”本というものは十分に役に立つと思う。とりあえず自分で発掘するのは面倒とか、まずはどれを読もう(ブログの場合は“見よう”ではない)かなという人には、「最新ブログ人気ランキング200」のような本はお勧めです。

メディアとしてのブログを目指す人は「アルファブロガー 11人の人気ブロガーが語る成功するウェブログの秘訣とインターネットのこれから」を読んで、心構えというものを知っておきましょう。

それにしても最近つくづく「“ブログ”って何?」と改めて考えさせられます。

その時その時に思うことを気ままに書いていって、一年後に自分が書いた記事を読み直し“ネタ”として成り立つものを残し、日記レベルのものは削除する(それとも「過去日記」として記事をまとめる)というのがいいのかなぁと思うけど、またどうするのか悩むんだろうな。

そんなこんなで今年は“ブログ”の年でした。

来年は「カペタ(CAPETA)」のように

今日が仕事納めであるので、まずは仕事面の振り返りから。

○第1クォーター
昨年度にリリースした販売店向けのサイトの機能アップに励み、自分なりに結構充実していたかも。

○第2クォーター
ネタ探しに始まり、オフィシャルサイトのコンテンツを部分的であるがブログ化。
そしてリニューアルのメンバーとして振り回されるが、それなりに面白かった。

○第3クォーター
Webアクセシビリティとリニューアルでドタバタするがネタ探しの出張にも行けて充実。

○第4クォーター
期が変わり、“開発”すべき案件2個。
一つ目は“企画”が前期末で通っていて執行計画書に掲載されているもの。さっそく開発に着手しようとすると、何故か“企画”から考えろと有耶無耶にされ“保留”。責任者誰だ~出て来い!って言ってもそれすら有耶無耶。
二つ目は“過去の経緯”からさっぱりやる気が起きないもの。責任部門の担当者に何度も“企画”を練り直させているが、私が根本的にやる気にならない。たぶん絶対報われないと分かりきっているからだ。

ということで9月末までは結構充実していた年だったかも。

しかし、第4クォーターはなんだか“だらだら”した日々を過ごしてしまったなぁとつくづく思う。
ネタを仕入れても“会社が貧乏”でとても導入できそうもないし、ええ加減な執行計画に振り回されるし、どうせやってもムダで報われないものなんか開発しても…

うーん、いかんなぁ。

そういう気持ちでいると「カペタ(CAPETA)」を観て反省させられます。

カペタ(CAPETA)

毎週欠かさずに観ているアニメのひとつが「カペタ(CAPETA)」である。

幼い時に母を亡くした平 勝平太(たいらかっぺいた・通称カペタ)は、仕事が忙しい父に対して気丈にふるまうものの、退屈な日々を過ごす小学 4 年生。カペタの唯一のあこがれといえばかっこいいクルマ……。そんなある日、父は仕事先で捨てられていた材料を持ち帰り手製のレーシングカートを完成させカペタに与えた。早速走らせにいったサーキットで、実はそのカートはフレームが曲がったままのまっすぐに走らないシロモノであることにカペタたちは気づく。しかし持ち前のやさしさと智力をもってして、カペタはそのカートを乗りこなし普通に走ることに成功する。それどころか同じサーキットを走っていた極めて速そうなカートに迫り、抜き去らんとするほどの快走を見せた。そのカートに乗っていたのは、東日本ジュニアカート王者・源奈臣。そして、奈臣とカペタの走りを見守っていた奈臣の母親・源 奈々子は、カペタに公式のカートレースへの参戦を勧める。父親手製のカートで自身初の公式レース参戦を決意したカペタ。公式戦という未知の領域で、その走りの資質をさらに研ぎすましてゆく・・・。

何か上手くいかない時は、他人のせいにしたり、モノに当たったり、はたまた「運」のせいにしたいものです。しかし、勝平太君は上手くいかない理由は自分にあるのだと思い、「もっと考えろ」「もっと工夫しろ」「もっとがんばれ」と上手くいくように自らを追い込み努力する。自らの力で問題を克服することで、より高いレベルに自分を持っていく。

「カペタ(CAPETA)」を観ていると「上手く行かなければ行くように自分がなんとかしなくちゃ」と反省させられます。

今年の第4クォーターで上手く行っていないものは、自分自身で「なんとかしなくちゃ」なんて思えなかった。全てが他人事のように考えていた。これじゃ何も解決するわけありませんね。

来年は勝平太君を見習って“自力で現状打破”をモットーにもう少し頑張ろう。
とりあえずそう決めた。

カペタ(CAPETA)

ps.
カペタ(CAPETA)」は100%お勧めのアニメです。
テレビ東京系列で 毎週火曜日 18:00~18:30 放送中。
(次回は1月2日(月)朝9時00分~の放送です)

続・サーバが死にそう

年の瀬の忙しい時期にこそ何故かトラブルはおきるもので、今回のトラブルは「イントラのcgiサーバが死にそう」です。

そのサーバは10月22日のエントリー「Linuxが動いていた古いサーバ」に書いた“かなり古い”再利用PCである。

前回は“fsck -A”でなんとか生き返ったのだが、今回はそれとは違うような…。

勝手にダウンして、リブート、その途中で止まっている。

電源を入れなおしてもダメ。

リトライすること3回、なんとか起動したが、途中で表示されたメッセージの意味からすると「ディスクがダメだよ~」らしい。

前回はたぶんシステム領域がダメになって「“fsck -A”をやれ」ということだったのだろうが、今回はシステム領域ではないところに大ダメージがあるのかも。

こりゃ次にダウンしたら二度と生き返らないだろうなぁ。

というこで再利用PCを物色するのであるが、山のような有る“古いPC”はどいつもこいつも壊れていて動くものがない。

幸いにも修理に出していたPCが戻ってきたため、そいつを無理やり手に入れ作業を開始するが…。

あれま。直ってきたハズのPCなのにCD-ROMドライブが途中で認識しなくなるジャン。“古いPC”からドライブを外して交換。やれやれ。

さてとLinuxであるがどれをインストールしようかな。

順当にTurboくんにしようかと思ったが、手元にあるバージョンのTurboくんは「sendmail」を使わないの?

面倒なことになりそうだからパス。

月刊誌LinuxWorldを過去に遡ってチェックしていくと、「MIRACLE LINUX V3.0」があった。

一時話題になったMIRACLEくんも面白いかも。

さっそくインストールしてみると…

asianux_logo.gif

いきなり「Asianux」なんて表示されてるじゃん。なんじゃこりゃ。怪しすぎ。

たしかにCD-ROMには「Asianux Inside」と書かれているけどMIRACLEくんはどこに行った?

まっ、せっかくだから怪しさバリバリの「Asianux」のインストールを続行。

思いのほかあっさりインストール完了。

さっそく「Asianux」をいじくってみると…

笑えます。

“Windowsもどき”です。さすが中国人が開発に関わっている「Asianux」ですなぁ。

あまりにもWindowsのマネをしすぎているので、何かするたびに笑えてきます。

とりあえず一晩放置することにした。

……………

そして今朝、出勤してみるとAsianuxくんは元気に動いていた。

インストールしたAsianuxくんはどうやらこれらしい。
http://www.miraclelinux.com/products/linux/ml30/

でもMIRACLEくんの面影はどこへ?

なんだかデザインが中国人ぽくてイヤだなぁ。

やっぱりやーめた。

再び月刊誌LinuxWorldを過去に遡ってチェック。

Vine Linux3.1」ってどうなんだろう。名前がオシャレっぽいじゃん。

vinelogo

イントラ側で使うだけだから“まともに動けば”なんでもいいんだけどね。

さっそくイントール開始。

体感的には今までで一番簡単かも。

まっさらのハードディスクを使う場合は何も問題ないのですが、再利用する場合に「パーティション」のところで結構つまずく事が多い。

ところがVineくんは何事も無かったの如くさっさと進めてくれる。こりゃ楽だわねぇ。

1時間ほどでインストール完了。

ネットワークがらみも特に問題なし。

さっそくFireFoxをインストールしてみることにしたが…。

うーむ、Linuxの場合ってどうやってアプリのインストールをやるのでしょうか。

ダウンロードしてきたファイルを展開してもそこからが分からん。あまりにも基本すぎるところでつまずいた。

展開されたファイルを適当にダブルクリックしても「セットアップ」みたいなものが始まる気配なし。

じたばたするのを諦め、ネットで検索すると「スクリプトファイルを実行する」と書かれていた。

実行するってどうすれば?

スクリプトファイルみたいなものをダブルクリックするとプレビューするかテキストエディターで編集するかになっちゃうし。

冷静によーく見ると「実行する」というのがあるじゃん。おーこれか。

ということでFireFoxのインストール完了。でもインストールされただけでメニューのところには入らないのね。

さてとWebサーバとして設定しなくちゃ。

遥か昔の記憶を頼りに設定をしてみたが、「cgi-bin」に放り込んだファイルにアクセスできません。cgiの実行はできるのになんでだ。

再びネットで検索

下記を「httpd.conf」に追加して解決

# To use CGI scripts:
#
AddHandler cgi-script .cgi
AddHandler cgi-script .dat
AddHandler cgi-script .pl
AddHandler default-handler gif jpg png html htm

さてさてWebサーバとして動くようになった後はひたすら移行作業。

移行作業が完了するまで旧cgiサーバが死なないことを祈るばかりです。