スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年問題を再考する

内部統制で2007年問題が起こりうる
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0601/28/news001.html

日本オラクルの新宅社長に、2007年問題への考え方について聞いた。システム保守などの作業は、ニーズがある限り、再雇用などの施策で十分に乗り切れるが、団塊世代が作ったルールがブラックボックス化してしまっているような状況がある場合、一刻も早く対応する必要があるという。

※以下の記述は「団塊の世代が一斉退職することで世の中に与える影響」を問うものではありません。取り上げているのは、あくまでも企業内での「2007年問題」です。

世の中、まだまだ「2007年問題」の主役が「団塊世代」であるように捉えているようですが、それは間違っています。

なぜこの問題の本質に気が付かないのか不思議です。

戦後の復旧で会社を興した人、戦前からの会社を復興した人、その人たちが築き上げてきたものを「高度成長期」に「団塊世代」のサラリーマンたちが、大きくしてきたというのは事実です。

創設されたのが戦後直後とか昭和30年代という企業ならば似たような繁栄・衰退を辿っているかもしれない。そしてそれの主役たちは団塊世代かもしれない。

しかし、「会社を大きくした時期がどこの企業も同じである」と断定されているかのような風潮はおかしいではないか。

企業としての歴史は古くても、高度成長期には細々と堅実な経営をしてきて、経営者の世代交代と共に訪れた「バブル経済」の時に大きくなった企業もあるだろう。創業当初から会社規模が変わらない企業もあるだろう。

「○○世代が作ったルールがブラックボックス化してしまっている」の「○○世代」というのは企業によって違うハズである。

創業当初に築き上げたノウハウのまま今日に至っているのならば、「ブラックボックス化」しているのは創業時のメンバーである。

「バブル経済」の時期にいっきに大きくしているのならば、その時期に中心となって動いた人物たちである。

中小中堅企業の場合は「組織」よりも「個人」の能力に依存するものです。

そこには複数人で複数の仕事をやる場合に必ず発生するオーバーヘッドというムダを極力なくしたいため。

その件はAさんが担当です。そちらの件はBさんが担当です。

そして業務に関するノウハウは担当者の頭の中に全て入っている。

一人で担当しているからマニュアルなど必要ない。

そのなもの作る暇など無く、作っても誰も見ることは無いのだからムダである。

特定の人に全てを任せて、その人にやってもらう事が一番効率が良くムダが無いのである。

よって組織としての仕事などはせず、あくまでも個人として働く。

全て一人でやるのだから、会議など必要ない、他人との段取りも必要ない、他人の為の書類を作る必要も無い。

仕事を依頼する側も「この件は○○さんに頼めば直ぐにやってくれる」と考えている。

何の役にも立たない中間管理職など無視して担当者に直接依頼する方が手っ取り早い。

最小コストで最大限の利益を生むために「マンパワー」に頼ってきた企業体質。

これこそが「2007年問題」の本質である。

よって、「2007年」「団塊世代」などというターゲットを絞っていては本質を見失うだけだ。

自分の勤務先をよーく考えてみるといい。

「この件は○○さんに頼めば全て上手くやってくれる」

このようなことが多ければ、その人が定年退職する時が「□□□□年問題」である。

スポンサーサイト

芸能界超人伝説!10DAYS

月曜エンタぁテイメント
月曜エンタぁテイメント

二人の芸能人が、十日間で困難な課題に挑む。フィギュアスケートのプログラムは一般女性の場合、演じるまでに一年近い期間が必要となるという。今回、水野裕子は十日間で”バックスケート””スパイラル””スピン”などの技の習得を目指す。中でも”ジャンプ”が最大の関門になるとみられる。一方のそのまんま東は自転車に乗り、十日間で本州を縦断。青森県の竜飛崎から、山口県の下関へ向かう。

そのまんま東さんが挑戦する話が前半で、後半は水野裕子さんがフィギュアスケートに挑戦する話でしたが、9時からは西遊記を見るため前半だけ無謀な挑戦記を見守ったが…。

青森から山口までの2100Kmを10日間で走破するという企画でしたが、番組の最後で「無謀ともいえる挑戦…」というナレーションには「無謀な挑戦でしょ」と独りで突っ込みを入れる私であった。

絶対ムリと思いつつ、展開が気になったので、最後まで見てしまったが、企画そのものが無謀です。

100%ムリというものに挑戦した「そのまんま東」という芸能人根性には感心しますが、番組としてはどうなんでしょうね。フジテレビや日テレなら「演出で盛り上げる」という逃げ道がありますが…。

そのまんま東さんはフルマラソンで鍛えているそうですが、自転車で長距離走るのはチト違いますからね。

今の私の体型からは「昔、自転車で遠征していた」と誰も信じてくれないでしょうが、かなり遠くまで走りに行ったものです。特に鍛えていたわけではなく、趣味のサイクリングですので“辛いチャレンジ”には程遠いのですが、“現実的にはどうか”は分かります。

その前に一言「真冬のチャレンジはありえない!」

私の経験談については、二十歳前後の体育会系の学生や現役アスリートには当てはまらないのであしからず。

自転車での走行スピードは20km/hを超えますが、2時間に一回ずつ十数分の休憩が必要であることと、信号や交通事情などで平均すると15km/hになります。

出発時刻は7時が望ましく、夜の7時までの12時間走り、ようやく180km/日です。

私が高校生の頃に走り回ったペースは180km/日でした。そして3日走ったら4日目はとてもまともに走れません。体力回復のため、全休するか半日程度走って終わらせます。

ということで10日間で2100kmはムリです。やるのなら現役アスリートを投入しましょう。

私が高校生の頃に流行っていたチャレンジ話は、鹿児島から北海道の稚内までのタイムトライアルでしたね。

いかに効率が良いルートを見つけ出すかで結構盛り上がっていたような覚えがあります。

私はそれに挑戦する体力の気力もありませんでしたが…。

スーパーGTの今シーズンは

毎年恒例の東京オートサロンでの「激走!GT」の収録。
この場でドライバーラインナップがある程度は暴露されるのだが…

今年も大いに期待して今日の放送を楽しみに待ったが、なんだか“かん口令”がしかれているのか、既に出回っている噂レベルと殆ど変わらない内容だった。

昨シーズンのTOYOTAとHONDAは“ダブルエース体制”でしたが、今年は3メーカーとも“エース”はそれぞれ一人のようです。

ポイントランキングで「ダブルエースのどちらを真エースにするのか」が決まったようで、これで「エースの座」についてはすっきりしたことでしょうね。

TOYOTA:立川祐路
NISSAN:本山哲
HONDA:伊藤大輔

エース以外のドライバーのシャッフルが豪快にされるようですので、早く体制を発表してもらいたいものです。

追記.
オートサロン:ナンバー1レースクイーン決定!
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/car/graph/06autosalon3-2/
「東京オートサロン」最終日の15日、05年に最もサーキットで輝いたレースクイーンを選ぶコンテスト「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー2005」の最終審査と授賞式が開かれ、原田まりさん(20)がグランプリに輝いた。
グランプリ 受賞直後にインタビュー
http://www.rq-award.com/news/060119index.html

原田まりさん、おめでとう。
こちらの模様は激Gで放送されなかった。残念。

ファイナリスト5名
初音みう原田まり藤井梨花岬沙弥山崎みどり

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。