スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスショウTOKYO「Webマーケティングセミナー」

出張二日目。

「Webマーケティングセミナー」

(1)メガメディア時代のメディアミックスとユーザーコミュニケーション

資生堂が取り組んだ「メディアミックス」を自信満々に話されたが、次元が2つも3つも違う取り組みのため、ただただ「すごいなぁ」と思うだけ。

大企業となると闘い方もスケールが大きいもので、中小企業からすれば雲の上の戦いを見せられても参考になりませんが、「メディアミックスとはここまでやるんだ」という“話のネタ”としては参考になった。もし、セミナーの聴講者の中に大企業の人がいたら「うちにできるのか」と真剣に考えていたかもしれませんね。

広告展開についてはテレビ依存の時代は終わったという実話を踏まえた内容でしたし、参考になる部分も結構あり、私としては単純に面白い話を聴けて良かったと思った。


(2)企業ホームページ戦略とログ解析の活用

HONDAのWeb戦略の話でしたが、「真剣にやる企業は徹底的にやるものなんだなぁ」と感心すると共に、自分がやっている事がいかに手抜きであるのか反省させられた。

難点としては講師の方が講演慣れしていることが要因なのか、自慢話や知り合いに対する雑談みたいな雰囲気で終始進められるため、ビジネスショウTOKYOの中の「Webマーケティングセミナー」としては違和感を覚えた。

HONDAの人の自慢話に違和感を覚えるのは、私がTOYOTAのお膝元に住んでいることが多少影響するのかもしれませんが…

「年間3600万人を集客し、月に100万人のユニークユーザを抱えるHONDAサイト」という謳い文句を素直に信じることはできないが、それが事実ならスゴイことだと思う。

「年間3000万人の集客でマスメディアの仲間入り」だそうですが、HONDAのサイトがマスメディアとなっているのかどうか私には分かりません。(HONDAのサイトを見たのは2年以上前だし)

ただ言えることは「ファンを逃がさない」「新しいファンを作る」という役割をHONDAのサイトが担っていて、十分に役目を果たすまでサイトが成長してきたという事実は分かりました。

しかし、「HONDAが好き」だから「HONDAの車を買う」というのはどうかと思う。

SONYと同じで20年前のHONDAと今のHONDAは違う。講演者は“昔話兼笑い話”でシティ、シビック、プレリュードという車名を出したようだが、それらの車が登場した時期のHONDA車オーナーこそがHONDAファンであり、HONDAが好きだからHONDAの車を買っていたハズである。

メルマガを55種類発刊しているが重複して購読している割合が少ない(80%が単独購読)という件の説明があったが、それはデメリットとして捉えていなくて、「セグメントされた個客の関心はきわめて狭い」という分析結果として捉えている。なぜここを問題視していないのか疑問に感じた。HONDAには興味が無く、発売された新車または自分が買った車にのみ興味を持っている人が80%もいるという現実をどうするのか。

次回はHONDAに対抗してTOYOTAのWeb担当者に講演して欲しいものです。
スポンサーサイト

ビジネスショウTOKYO「Web2.0セミナー」

昨年に引き続き、ビジネスショウTOKYOへ出向くが、今回は展示会とか基調講演などはパス。
有料であるが「Web」関係のセミナーを二日間とも受講した。
いちおうWeb絡みが現在の主の仕事であるのだが、半分趣味みたいなもの。
会社の経費で行けるとなれば幸せモノである。

「Web2.0セミナー」

(1)Web2.0が企業情報システムにもたらす意義
ネット上のいろんな記事や本を読んでもイマイチ「これだ!」と言い切れないのが、
「Web2.0とは?」
の答えである。
この講演でズバリの答えが聴けるかと期待したが、やはり「なんとなくこうだよね」という巷に溢れている内容であった。そして流行のキーワードのおさらい。
2日間の講演の出だしとしては丁度いい内容かも。

(2)Web 2.0事例紹介 =DOS、WindowsそしてWeb=
PCのOSがDOSからWindows3.0(3.1)を経てWindows95になった時、PCが企業と家庭に爆発的に普及した。
Web2.0はそれに似ているのではないのか、という例え話はよく分かった。
Webというものが一般の利用者にとって、使いやすく、利用しやすく、参加しやすいものになった。
初期の不便で特別なものであったWebに対して、今のWebを「Web2.0」と呼ぶのは単なる後付で命名しただけのことかもしれない。

(3)インターネット・マーケティングから見たWeb2.0
便利だから使う、役に立つから人が集まり、情報も集まる。
混沌とした情報、次々と出てくる新しいサービス、何が良いのか分からない。
サービスを提供する側も利用する側も暫く混乱が続くのであろうか。
結局のところ「良いもの」が残るのでしょうが。

(4)「企業にとって「マッシュアップ」って何?
 ~RESTとSOAP両タイプのWebServiceの使い分けについて
どこかで見聞きしたような気がするような話題が多かったため、旬のネタ話をプラスαで説明しているような雰囲気だった。


まさに旬の話題である「Web2.0セミナー」でしたが、内容については中途半端な感じがした。
「ネタを提供」OR「トレンドの解説」OR「技術的な説明」?
参加者の半数以上が「Web関連のエンジニア」だったらしいので、参加者としては「技術的な説明」を聴きたかったのでは?
日ごろ忙しくてネタ集めもままならぬという人にはどうかというと、「このくらい知っていて当たり前」を前提に話を切り出されるため、それはそれで辛いものがあるかもしれない。

半分趣味で日ごろからネタ集めして、とりあえず自分で試してみたりしている私には「プラスα」の部分が収穫かも。
そして「こんな楽しそうなサービスを自分でも作れるかも」と思えたものがいくつかあったので、ネタ集めの出張としては満足です。

鈴鹿のチケットは



スーパー耐久のチケットをそろそろ注文しなくちゃと思いつつ、同僚たちのスケジュールがなかなか確定しない。

今朝、M君に携帯メールするが返事がなかなかこない。

昼食時にT君から不参加の連絡を貰い、M君から「観戦券のみ」というメールがきた。

これでようやく注文ができるゾ。

と鈴鹿オンラインのページでカチカチやると…

「宅急便での発送は15日10時受付分まで」とのこと。

時間過ぎているジャン。

とりあえず現地受け取りで注文しておいた。

がここであることに気が付いた。

今まで早めにチケットを注文していたが、送料が300円必要だった。
現地受け取りなら当然の如く「300円」は必要ない。
レース前日までオンラインでの注文を受け付けている。

となると…

天候不順で決勝日に行くのを止めたことが過去に何度かあり、チケットをムダにしてきたが、これを防ぐことができるハズ。

天候とか体調とか突発的予定変更などを踏まえると、チケットを注文するのは「金曜日の夜」で良いのではないのか?

うーんこんなことに今までなぜ気が付かなかったのか。
我ながら情けない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。