スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうにかこうにか完了

ここ一ヶ月、仕事でテンパッていて激疲れの日々であった。

どうにかこうにか、年内に仕上げる予定になっていた仕事を「仕事納め」の本日完了。

そもそも、こんなキツイ仕事になるハズではなかったのであるが、戦力として期待していた同僚が、「いよいよこれから佳境に入る」という時期になって突然「プライベートの諸事象」でまったくもって戦力ダウン。そのツケが全て私に降りかかり、もう毎日キレまくり状態で傍から見れば“鬼の形相”でもくもくと作業を続け、ようやく本日完了したのである。

「今年の11月と12月にやる」と8月頃から決まっていたことなのに、11月中旬になってから「実は…」と唐突に発表され、まともな戦力にならないとはどういうこっちゃ。せめて10月上旬頃に言ってもらえればスケジュール調整ができるものを…

なんというか仕事に取り組む姿勢についてのジェネレーションギャップを感じた2006年12月であった。

とりあえず心残り無く正月を迎えられそうですが、私は燃え尽きました。
スポンサーサイト

“年度”と“年”

リクルートのページを更新するため採用担当者から原稿を貰った。

内容があまりにも簡単すぎるため、斜め読みして同僚に「更新しておいて」と依頼。

今朝、改めて更新されたページを見ると「2008年度 合同企業展」のタイトルが…

“年度”って、なんか違和感を覚える。

2008年春の卒業ならば「2008年3月」であるわけで、まだ「2007年度」の期間である。

ちなみに、2007年3月の卒業式は「平成18年度卒業証書授与式」であり、2008年3月の卒業式は「平成19年度卒業証書授与式」である。

採用担当(人事部門)の人たちの“年度”って一般的な意味合いとは違うのか?

> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E5%BA%A6
> 単純に「○○年の」という意味で「○○年度」という表現が使われることがあるが、多くは誤用である。

どのくらい誤用されているのか「採用 ブログ」で検索してみた。

http://www.shinnihonshohin.co.jp/recruit/blog/
「2008年度の就職サイトもスタート」って…

http://jreshoji.typepad.jp/together/
ブログのタイトルが「2008」になっているけど、“2008年度”とは謳っていないからセーフ。

http://saiyouki.pillar.co.jp/
ここもタイトルに「2008」が付いているけど、本文中は「2007年卒採用」「2008年卒採用」と書いてあるからセーフ。

http://www.crie.co.jp/recruit/blog/
紛らわしい表現は無いけど…
http://www.crie.co.jp/recruit/2008/
「2008年度のクリエアナブキの新卒採用募集職種は」のところに「応募資格 四年制大学卒業以上(2008年3月卒業見込)」って…

http://ao-recruit.jugem.jp/
問題なし(たぶん)

http://blog.livedoor.jp/goodwill_recruit/
「2008年度採用ブログのこと・・・」
「2008年度採用ブログを開設いたしました。2008年3月に卒業予定の皆さまにつきましては新ブログにて情報提供をおこなっていきます。」って…
http://goodwillrecruit08.dreamblog.jp/
2008年3月新卒者向けだからブログのタイトルが「THE就活2008!」。

http://www.fractalist.jp/recruitblog/
「2008年度新卒採用に関し、以下の通りセミナーを開催致します。」って…

http://www5.nikkansports.com/recruit/2007/column/20060919.html
http://www5.nikkansports.com/recruit/2007/column/20061013.html
「07年度」「08年度」って何年の3月卒業予定者なのか?
「07年度」は既に終わっているらしいのでアウト。

これら以外にも間違っているのが多い。やはり採用担当の人たちの“年度”は一般的な意味合いとは違うようだ。

「リクナビ2008」とか「毎日就職EXPO2008」の“2008”は「2008年3月新卒予定者」のことを示しているのに、それを自社の求人活動に置き換えたときに「2008年度」としてしまうところが間違っている。「2008年3月新卒予定者」を対象とした求人活動は「2007年度」であるべき。

追記.

くだらないことだが「年度とは」で検索してみた。
「4月1日から3月31日」という説明が多いのだが、興味深いページがあった。
○年度とは?どれにすればいいのでしょうか?(公務員試験)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=976614
何年の問題集を買えば良いのかという質問なのだが、この中に採用担当者たちの“年度”に関する答えがあった。

どうやら「2008年度」というのは「2008年4月に入社」という意味で使われていて、「2008年4月に入社」は「2008年度入社」ということになるようだ。

本来は募集する相手を「2008年3月卒業予定」とするのが正しいのだが、「2008年3月卒業予定」と「2008年度入社」を合体させて「2008年3月卒業予定で2008年度入社」、「卒業予定」を「新卒」、「入社」を「採用」として「2008年度新卒採用」というわけが分からん記述になったのかも。

数年前に「就活」した同僚に聞いたところ、当時も変だと思っていたけど気にしないようにしていたとのこと。記述が何年度であろうが自分が対象になっているのならば「就活」するだけのこと。

そもそも求人側を基準とした文章を書くから変な記述になるのではないのか。いくら入社するのが2008年4月で「2008年度」であったとしても「就活」するのは2007年春から秋でしょうに。

「2008年度新卒採用」という表記が混乱の元。「2008年度採用(2008年3月卒業予定者)」とすべき。

今回の件は求職側からすれば「2007年」であり、求人側からすれば「2008年」という“立場の違い”というオチだった。

ただし「2008年度 合同企業展」は明らかに変だろう。「2008年度合同企業展」と表記すれば2008年度に開催される合同企業展ということになる。2008年4月から2009年3月に開催される合同企業展を2006年12月時点で告知することはない。

googleキャッシュからサルベージ

夕方、某氏から「会社のホームページのどこに『会社案内』があるの?見つからないんだけど」という問合せあり。

今更何言ってんの、あるに決まっているジャン。
カチッカチッ…
あれ?
無いジャン。あるべきところにありません。

なぜか次ページと同じものが『会社案内』があったところに表示されている。これってもしかしたら…

「Web標準」を満たすように私がメンテナンスしているうちに書き換えてしまったのか?
という不安に思いながらも、メンテナンスした日時をチェック。いちおう12月20日。
修正した内容を同僚にメールしておいたので、それを見る限り「会社案内」になっていない。
つまり私が修正する以前に「会社案内」は消えていたということだ。

とにかくページを復活せねば………と焦るもMTをCMS代わりに使っているため、手元には“原本”がありません。

MTに入っているエントリーが原本であり、表示されるページである。

よって今回のようにエントリーを上書きされてしまった場合は手の打ちようがない。

「サルベージ」

自分には関係ないと今まで思っていた「サルベージ」がふと頭に浮かんだ。

googleで検索すると11月15日付けのキャッシュあり。
Yahooには12月2日付けのもの、msnには12月18日付けのものがあった。

Yahooとmsnのものは既に書き換わった状態のものであったため、12月2日以前に書き換えられたのであろう。
同僚が“やる気無しモード”で『会社案内』をメンテナンスしていた時期と一致する。
やる気が無いときは集中力が欠けて、こういうことになるんだろう。

googleのキャッシュからなんとか復活させることができて今回は事なきを得たが、MTをCMS代わりに使うことのデメリットは他にもあるので、「バックアップ」をどうすればいいのか頭が痛い問題である。(エントリーをexportするだけじゃダメだ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。