スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事って与えられるものですか?

新人A君には“次の仕事”のためにWebアプリの開発の勉強をしておくように随分前から言ってきた。しかし、最近の新人君たちは何か切っ掛けが無ければやらないようで、私みたいに興味本位で何かを始めることはないようだ。仕方なく、無理矢理“仕事”を作り、勉強を兼ねて開発するように仕向けたところ、3ヶ月経ってようやく某DBの参照ページを作ったらしい。

作ったものを一部の人に見せているだけで、やるように仕向けた私にすら見せないとはどういうこっちゃ。作ったものは部内に公表せよと伝えたところ、ようやく成果物が表に出てきた。ふむふむ初めてにしては良い感じでは?

ちょうどタイミング良く某部署のB氏がやってきたので、「某システムのバージョンアップはA君(新人君)にやってもらうよ」と伝え、A君が作ったページを見せた。B氏は不安がっているが、まあ何とかなるよと無理矢理説得。

しばらくA君が作ったページをいじくり回していると………これってもしかしたら………やっぱり。

「これってASP.NETの機能を使っているでしょ」とA君に確認すると「そうですが何か問題ですか?」と平然と答えられてしまった。

Webアプリの開発の勉強をしろと言ったけど「ASP.NET」で作れとは言っていないぞ。最初からこんなツールに頼ってはダメだ。基本的な開発が一通りできるようになった後に、「今回はASP.NETでやっておきましょう」と言える様になって欲しいのに、「ASP.NETありき」では先が無いゾ。私が言っていることをA君は理解できない(納得できない)ようで、かなりの不満顔である。

「まずは動くものを作ることが先で、それから勉強します」と、もっともらしいことを言ってくれるが、この「勉強します」がASP.NETでちょっちょっとできる範囲のことじゃ戦力にはならんゾ。

ということでA君が戦力になるまでには相当の時間を要しそう。もしかしたら「ASP.NETではムリです」と開き直ってしまう可能性が高いので戦力にはならないかもしれない。

特定のフレームワークでの開発さえできれば良いのならば、短時間で限られたステージで活躍できる兵隊になれるかもしれないが、それじゃ中小企業特有の“なんでも開発しますSE”にはなれません。ニーズを最大限に満たすことが重要であり、開発側の制約なんて認めてくれませんよ。

「興味本位で何かやる」を今の若い人に求めてはダメなのでしょうか。仕事って与えられるものですか?
スポンサーサイト

こっそり車を換えてもバレるって

昨年の10月19日付けの日記に書いた「パジェロミニ野郎」の後日談?

しばらく「パジェロミニ」を見かけていなかったため、どこかでトラブルを起こして勤務地が変更になったんだろうと安心していたが、そうではなかったようだ。

「パジェロミニ野郎」の悪評は周辺会社でも広まっているらしく、トラブルを起こしたら車通勤禁止といきたいところだが、直接雇用ではないため業務委託している会社に対して「彼がトラブルを起こしたら勤務地変更」の要望が出されている。そもそも三河の田舎まで無謀運転してくるよりは名古屋地区の企業で勤務したほうが良いだろうに…

世の中、「私はこういうものです」なんて看板を付けて走る一般ドライバーはいないので、世間が目にするのは「車」ということになる。つまり、「無謀運転するドライバ」としての彼が有名ではなく、「無謀な走行をするパジェロミニ」という車が有名で、「また、あのパジェロミニが」というように世間は見るのである。

そう「あのパジェロミニが」である。

「もうええ加減しろよ」と上司から説教食らった彼が素直に大人しくなるわけが無く、その後も相変わらずの運転を続け、そろそろ限界かという時期に取る手は…

車をこっそり換える。

もともと中古車を乗り継いでいる彼だから出費もそれほど多くないだろう。(パジェロミニもこっそり買い換えていたし)

ところがところが、車を変えても運転が変わらなければ「あの車って、まるで例のパジェロミニみたい」となるわけで、「車さえ換えれば問題ない」と思い込んでいるアホ野郎であると自分で暴露しているようなものである。

このアホ野郎がなぜ三河の田舎までやってくるのか。この理由を聞けば誰もが納得するであろう。

「いろんな企業から彼の受け入れを拒否された」

根本的に「注意されても全く直そうとしない性格」で、そこら中の勤務地で問題を起こしてきたらしい…

輸入車ショーは地方へ?

年末年始の期間、某キーワードの検索順位が妙な動きをしていて、「もしかしたら新発見?」と密かに期待していたネタがあった。でもどうやらネタになりそうもないため「日記」に書いておきます。

そのキーワードでGoogle検索すると12月21日までは“1位”、12月22日から27日までは“3位”、12月28日から31日までは“9位”、1月1日から3日までは“11位”、そして1月4日と5日が“15位”となり、それ以降は徐々に順位が戻っていき、1月12日以降はずっと“3位”である。Yahoo!検索はどうだったかといえば、ずっと“7位”をキープ。

1月の最初の週末に向けて順位が下落していき、それが過ぎると元に戻ったとなれば、その週末にあるイベントに関する記事がいっきに増大したことが順位変動の要因だろうと推測した。そして「旬」を過ぎると元の評価に基づいて順位に戻したということか…

Googleは「旬モノ」の判定をするようになり、検索順位を変える…

ということになっていれば「哀楽ウェブ」に掲載するようなネタになったのに、実は肝心の「インポートカーショー(輸入車ショー)」が名古屋で開催されていなかったことを本日知った。開催されていないのに、それに関する記事が増えるわけ無いじゃん。うーん大ハズレなのか。それとも「インポートカーショー(輸入車ショー)」に関連するキーワードで検索されまくって、それが順位変動の要因になっているのか?

ともかく、輸入車ショーは名古屋では開催されておらず、どうやら地方へ行ってしまったようです。昨年の雰囲気だと「イベント性ほぼゼロ」なため、純粋に輸入車を買おうと思っている人しか来ない。しかし、「輸入車を買おうと思っている人」は輸入車ディーラーへ行けば良い訳で、その方が待遇もいいだろう。一般庶民にとってモーターショーが開催された後となれば、わざわざ市販されている輸入車を見に来る人はいない。そして、コンパニオンさんの撮影が禁止になっているため、それを目的とした人も来ない。

つまり、輸入車ショーは「イベント」として成立しない入場者数になってしまうのである。昨年行った時に「こんなんなら入場料なんか取るな!」と思ったものだが、ほんと払う価値無いから。よくよく考えてみれば、IT関連のイベントと同じで、無関係な人は仕方が無いから入場料払えば入れてあげるよという雰囲気。一般庶民は相手にせず、招待客のためのイベントなんだろうな輸入車ショーって。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。