どういう計算をしているのやら

先日開催された新ボスの「就任祝い」の各自の負担金の案内が来た。この就任祝いは明らかに管理者たちが“ヨイショ”をしたいために一般社員まで巻き込んで開催したものである。経費でやるとか、せめて管理者のポケットマネーでやってくれるのなら参加する気にもなるのだが、必ず請求される。

この手の「歓迎会」とか「打上げ」とか「新年会」の類については、毎度の事ながら腑に落ちない点がある。

一人当たりの食事代は「3500円」程度らしいのだが、なぜか7000円~8000円も請求される。

その余分に請求される最大の理由が「酒代」であるが、私は一滴も飲まず、いつもウーロン茶である。場が持たないのでウーロン茶ばかり4本(一本辺り250cc?)も飲んでいるが、酒類を除けばウーロン茶以外に選択肢が無いのも納得がいかない。

酒を飲む人たちは“飲み放題”状態で、あれもこれもと遠慮なしであり、もちろん「飲み放題コース」ではないため、全て請求される。

つまり、大酒飲みたちの酒代を折半させられているのである。しかも、負担金は“役職手当”に合わせて上乗せされているため、“役職手当”が少ない社員たちは、むちゃくちゃ飲んでもそれほど請求されないことになっている。

いつも同じ店で宴会が催される理由は、その店なら「自宅が近い」とか「公共交通機関が使える」という人たちの割合が高いことであろう。私からすればどこでやろうが、自分の車で帰るしかないため、酒とは無縁である。よって「自分の車で帰るしかない」人たちは、いつも酒を飲んでいないのに、酒代を請求されるのである。

酒代くらい管理者たちのポケットマネーで支払って欲しいものである。管理者たちが一番酒を飲んでいるわけだから…

6月のツーリングレポートを作成

走りに忙しくてページ作りが追いつきませんが、6月のツーリングレポートを3本作成しました。

これで6月は5本です。

 2009年6月20日 ビアンキ編 Vol.10 COP15安城ステージ拡大80kmコース
 2009年6月18日 ビアンキ編 Vol.9 本光寺と竹島
 2009年6月14日 ビアンキ編 Vol.8 碧南エリアの紫陽花と花菖蒲
 2009年6月13日 ブロンプトン編 Vol.8 尾張地区の「あじさい祭り」巡り
 2009年6月7日 ブロンプトン編 Vol.7 名古屋遠征第二弾「花菖蒲園巡り」

天気が良ければ次の週末も連投の予定ですが、そろそろ休養日も欲しいところです…

部署の名称を変更すれば…

先日の会社の行事、それも大事な行事でカメラマンをやりました。

この手の行事の撮影担当については管理部門の某氏が長年やっているのですが、今回の行事については“とても大事な行事”ということで、私にもやるように会議の場で指示が出されたようで上司から「よろしくね」と一言だけありました。某氏もカメラマンをやると聞いていましたが、当日の朝になって「某氏は行事の進行で忙しいので一人でやって」と言われ、「でも失敗しちゃダメなんでしょ」と聞けば「当然です」と返された。バックアップ無しですか…

ということで、行事が始まり、私はひたすら撮っていたわけですが、あれ?

なんと某氏は最後列よりももっと後ろに椅子を置いて暇そうに座っています。ウソつき。

いつもはビデオ撮影も管理部門が担当しているのに、なぜか私の部署のK君がやっています。その手の担当をしているAさんやBさんは?と聞いたところ、皆忙しいからK君に頼んだと行事の進行責任者が言っていましたが、とてもそのように見えません。

今後もこのようなことを当たり前のように依頼してくるのなら、どうせなら部署名を「報道部」に変えたらどうでしょうか。

会社の○○周年記念社史にも、少し前に頼まれて私が撮った写真が使われているし、某テレビ番組で会社が紹介された時にも、別件で頼まれて“ちょこちょこ”と撮った写真が使われているし、なんだかなぁという気分です。

やはり開き直って「報道部」にしてもらった方が仕事が楽しいかもしれない。