スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫁さんのメガネ

趣味や道楽で購入するものは半額申請が常であります。つまり、それに興味を持たない人にとっては、理解できない価格であるわけで、とりあえず購入したものの価格を聞かれたら半額申請しておけば、“家庭平和”を保てます。

ところが、たまに本当の価格がバレてしまうことがあって、そういう場合はそれなりのものを家族にプレゼントすることになります。今回はビアンキのロードの一件で嫁さんに何かプレゼントすることになってしまいましたが、当初は「カーナビが欲しい」と言っていたわりにはなかなか買いに行かず、このまま無かったことにしてくれるかなぁと期待していましたが…

カーナビがいつの間にかこんなものになりました。

「最近、テレビの文字が見づらい」という嫁さん、車の運転や本を読むのに苦労しているわけではなく、テレビに映っている文字が見づらいらしいのです。遠くも近くも見えるのに、2mほど先の文字が見づらいとは不思議なことをいうものです。

親切丁寧なKメガネさんでしっかり検眼してもらったところ乱視が結構強いことが判明。強度近視の私よりも乱視が強いのですから文字が見づらいのも当然かもしれませんね。

今までメガネというものを掛けたことが無い嫁さんですので、フレーム選びに難航して、最終的には女性店員さんのお勧めのものに落ち着きました。

レンズは内面設計の遠近両用で、完璧にUVカットするカラー付きにしたので、もうねぇエライ出費ですよ。まあしゃあないかぁと思って会計を済ませると、やっぱりこのフレームも欲しいなんて言い出して、結局2本お買い上げです。

私の勧めで、フレームのカラーに合わせてレンズのカラーもコーディネートしたので、結構良い感じに仕上がりましたが、予定外の大出費でした。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。