四十九日法要と遺品整理(粗大ゴミ)

相続ゲームと並行して家の片付けをしていますが、四十九日の法要に向けての準備もしなければなりません。家の片づけの第一優先としては仏間を綺麗にすることですが、なんとなく家の一階部分については妻のテリトリーにあるような雰囲気であるため、なかなか手出しできません。

妻が「古くなった仏具を買い替える」と言い出したため無駄な抵抗はやめて楽天ショップで購入。

実物を見ずに注文したわけですので、「これはあかん」というレベルでなければ良しとします。離れてみれば十分立派にものです。

仏壇の飾り付けアイテムもあれこれ交換。何が必要なのか分からなかったため、セット品にしました。仏壇が大きすぎたのか、実はアイテムのサイズが違いますが、傍から見れば分からないかもしれません。


ということで、寒波襲来の極寒の中、四十九日の法要が無事に終わり、親戚と食事会。これでひとつの区切りとなります。

さて、親父の部屋の片づけは一か月前に終わっていますが、片付けといっても一般ゴミとして捨てることができるものを処分したにすぎません。

粗大ゴミをなんとかしなげれば…

しかし、専門業者に依頼すると10万円コースになりそうです。

豊田市の粗大ゴミ処理場へ自分で持ち込めば、キロ当たり数十円で済みますが、小型トラックをレンタルして“平日”に作業する必要があります。もう少し調べてみると、粗大ゴミを引き取りに来てもらえるサービスがあり、ネットで資料をダウンロードしてみると、これならなんとかいけそう。

引き取ってもらう粗大ゴミの種類と大きさで、300円、600円、900円の料金が設定されています。回収時に立ち会う必要は無く、回収してもらう粗大ゴミにそれぞれの料金分のステッカーを貼っておけばいいようです。

しかし、回収当日の朝に外に並べる必要があるため、家中の粗大ゴミを全て回収して貰うのは少し厳しい状況。とにかく要らないものが多すぎます。

そこで、親父の部屋にあったもの+α程度にしておきます。ざっくりと10000円前後でしょうか。念のため15000円分のステッカーを購入しましたが、それだけ多く捨てる人はいないらしく、コンビニに置いてあるステッカーを買占め状態。

粗大ゴミ回収の依頼を電話連絡すると、具体的に何を回収して欲しいのか、大きさと種類をひとつひとつ確認されます。それぞれの金額が提示されるため、間違えずに料金分のステッカーを貼っておく必要があります。さらに、当日になってからの追加はNG。


天気が崩れることはないため、夜のうちに並べて置き、朝になってから最終確認とステッカー貼りを実施。


これだけの量を回収してもらっても10500円ですから行政のサービスはありがたいことです。

2月8日


仏具を追加購入。


これで完璧でしょうか。

・仏具セット 浄土真宗本願寺派用(中) 44,388円
・経机 黒塗り面金箔 鳩筆返し 18号 16,580円
・経机掛け 18号防炎加工【金欄】1尺8寸用(縦28.5cm×横44cm) 2,730円
・タイマー式LED電池ローソク(小) 1,566円
・打敷(内敷) 刺繍綴100代浄土真宗本願寺派(お西)用 4,536円
・前卓 純金箔 上前彫12号 西用/東用 28,080円

趣味部屋の模様替えの第二段階に続く。

開かずの間を超断捨離

家を建て直した時に私の趣味で6畳のバルコニーを作りました。しかし、最初の数年間で一度もバルコニーを活用したことがなく、収納スペース不足と言うこともあり、少しばかりのリフォームをしました。

廊下の壁を外側に移動させバルコニーを2畳分減らして、その代わりに半畳の収納スペースを2つと1畳分の空スペースを確保。

しかしながら、収納スペースを作ってもそこを活用することはなく、いつの間にか使わない可能性が高い布団やら衣類に占有されてしまいました。妻曰く「そのうち片付ける」でしたが、それから十数年経っても片付けられることはありませんでした。

収納スペースが使えないことを言い訳にしたわけではありませんが、廊下の空きスペースが私の趣味のモノを置くスペースになり、それが年月の経過とともに山積み状態…

必然的に廊下の窓が開けられなくなり、バルコニーに出ることも不可能になりました。

そのような状態になって数年経ちましたが、親父の部屋の掃除をきっかけに“超断捨離”に取り組み、未だに大掃除が続いています。


収納スペースを占有していた“要らないもの”を全て捨て、上も下も空っぽです。もちろん天袋も空っぽです。ここには趣味以外の季節モノを収納します。

二十年ぶりに綺麗になりましたが、ここでふと気が付きました。

妙に暗い。

もともとここに収納スペースがあったわけではないため、階段の明かりが光量不足のようです。

そこでこんなものを購入。


アイリスオーヤマ LEDキッチン手元灯 棚下・壁兼用 KTM8N-TK

天井に設置すると電源スイッチを押すことができないという心配は「パナソニック電工 WHS2901WP 手元スイッチ・W・1mコード付」を使うことで解決です。


LEDの場合はどのくらいの光量があるのか商品スペックから読み取れないため、実際に取り付けるまで少しばかり心配でしたが、予想をはるかに超える明るさを手に入れることができました。

これからは「荷物が山積み状態の廊下」にならないようにしなくては。

超大掃除で自転車部屋が完成

自転車遊びの合計走行距離は94090km」を踏まえて趣味の部屋の整理整頓に着手します。

年末年始の休みの4日間を全て“大掃除”に費やしました。12月27日は親父の部屋を片付けましたが、ついでに各自の部屋の掃除をすることにしたのですが、やり始めるととことんやらなければ気が済まない性格ゆえに、15年ぶりの“超大掃除”になってしまいました。

まずは形から入るタイプですので道具を買いました。


電動ドリル


電動ノコ

電動ドリルはついで買いみたいなもので、電動ノコはそれなりに役に立ちました。※後日、もっと役に立つ予定です

狭いスペースを工夫しながらものを詰め込むのが得意なのか、部屋からモノを出しても出してもいっこうに片付いた雰囲気がせず、ゴールが見えてこない掃除の日々。過去の遺産を大量に処分させて、代わりに部屋に入らなかった自転車関連品を収納。

連休最終日の夕方になってようやく人が住める状態になりました。掃除の最中も隙間に寝床作って寝ていたため、まるでゴミの中で寝ている状態でした。10畳の部屋の6畳分はフローリング床で残りは畳になっている私の部屋。今回の超大掃除で、両者を完全に分断して、趣味の部屋と寝室にしてみました。


写真に何台の自転車が写っているのでしょうか。正解は6台です。アンティーコの奥に2台のブロンプトンが隠れています。それにしても完全に「自転車部屋」になってしまいました。

ここまでやればこの先の10年間は“超大掃除”の必要性はないハズ。しかしながら、足の踏み場がない状態から、3畳分の空きスペースを確保した代償は大きかったです。「とにかく捨てる」を基本にしているため「捨てるもの」を選ぶのではなく「残すもの」を選び、ひたすら屋外に運び出す4日間でした。外に出したものを処分する作業は当然ながらありますが、そちらは地道にやっていきます。


こちらの壁面は「したかったイメージ」をなんとか崩さずにいけましたが、その代わりに収納スペースが不足しています。1か月以内に変わってしまう可能性大です。

まだ自転車用品が廊下に溢れているため、それらをどのように収納させるのか悩みどころです。自転車も自転車用品も多すぎるのが原因ですが…。そもそも、この部屋にある6台の内の3台は要らないのかもしれません。

追記1.

正月の「ジャパネットたかた」のチラシの中で見つけた製品をポチッしました。


パナソニック 加湿空気清浄機 ホワイト F-VX501
送料込みで22500円なり。

どうやら家電量販では取り扱っていない製品のようです。

左側の空気清浄機は、居間で使っていたものを大掃除中に拝借していたものです。自室にも大型の空気清浄機が欲しかったのでタイミングが良かったと言えます。

このF-VX501は見た目が良いのですが、スペックも必要十分に備わっています。

空気清浄適用床面積:24畳
加湿空気清浄適用床面積(プレハブ洋室):11畳
加湿空気清浄適用床面積(木造和室):7畳
最大加湿量(タンク容量):400mL/h(約1.6L)
PM2.5への対応:○
花粉撃退モード:○
ナノイー:○
エコナビ:○
集じんフィルターと脱臭フィルターは10年間交換不要

趣味の部屋は作業部屋でもあり、そのすぐ隣で寝ているわけですので、強力な空気清浄機は必須です。これはスイッチを入れっぱなしにしておいてもエコモードがあるため経済的です。