32インチの液晶テレビを壊した

部屋の模様替えがまだ終わりません。今週も土曜日の午後から始めて、日曜日の夕方になって、いよいよ最終段階。最後の作業は32インチの液晶テレビの位置を少し下げたかったため、テレビ台にしているメタルラックの棚の位置を下げます。

液晶テレビとデッキ3台をメタルラックから全て取り出すのが少し手間です。ケーブルを接続したまま、液晶テレビを天井側に向けて横にして、棚をガンガン叩いて外して、少し下げて再びガンガン叩いて嵌めて「これで完了」と油断した時に…

なんと液晶テレビがくるっと反対側へ180度回転しながら落下。見事に液晶面が下になって落ちています。床に何もなければ何事もなかった可能性もありましたが、残念ながらワンダーコアスマートにぶち当たり…


僅か60cmほどの高さからくるっと回っただけですので、強い衝撃だったとは思えませんが、液晶が割れました。この状態でも何か映るかと思ったのですが、残念ながら何も映りません。

プロジェクターを導入したことで液晶テレビの出番が激減していて、たまに地上波放送を観る時だけ電源を入れていました。「ちょっと邪魔だな」と思い始めた矢先の悲劇。この部屋から撤去される運命にあったと思えば良いと無理やり納得させて…

年明けの超断捨離で処分しようか迷って残しておいた20インチのアナログ液晶テレビがあります。残した理由は、固定ローラーをやる場所によっては再び活用できる可能性があるためです。もちろん地デジ対応ではないため地上波放送は映りませんが、DVDプレイヤーを接続させればモニター代わりにはなります。※16インチと14インチの液晶モニターは捨てました

さて、自室で地上波放送を観るためにはどうすれば良いのでしょう。

2011年の地デジの移行時期は自転車遊びに忙しくて、テレビ関連に時間も金も費やす余裕はありませんでした。「とりあえず、使うかもしれない」と2011年6月になんとなく買っておいて、そのまま放置した「BUFFALO 地デジチューナー内蔵 DTV-H500R」の出番がついにやってきたということでしょうか。500GBのハードディスクを本体に内蔵しているため、最大約81時間分の地デジ放送の録画が可能というやつです。

ちゃちゃと接続して設定してみるとあっさりと地デジ放送が映りました。ただ、冷静になってみると、3台買った「DVD+HDレコーダー」のうちの3台めは地デジ対応だったので、地デジチューナーの必要性は無かったのかもしれません。とりあえず過去の遺産のために「βのデッキ」「VHSのデッキ」「DVD+HDレコーダー」をテレビに接続していますが、年明けから1度も使っていません。


念のため「DVD+HDレコーダー」に録画されている番組を再生してみましたが、とりあえず壊れていないようです。「ブルーレイ + プロジェクター + 80インチスクリーン」に慣れてしまうと、いかにも過去の遺物という感じがして「とりあえず映る」ことを確認しただけで出番がなくなりそうです。テレビが小さくなったこともあり、メタルラックも90cm幅から60幅に組み直しました。

「やっぱり地デジチューナーは要らないか」と思うところですが、「DTV-H500R」にはHDMIポートが搭載されているため、プロジェクターに接続することができます。つまり、地デジ放送をフルハイビジョンで80インチスクリーンに投影できるということです。

いろいろ買っておけば役に立つこともあるという事例でした。

くつろぎ部屋にソファを設置

「居間に自分用のソファが欲しい」という妻の申し出があり、さらに「しばらく試してからどちらにするのか決める」という流れで、一人用と二人用のセット品を購入しました。

配送の都合で搬入までに二週間ほど猶予期間があったため、自室のレイアウト変更をして搬入されるのを待ちました。家を建て替えるまでは、何かを増やすたびに部屋のレイアウト変更を強いられます。12畳ワンフロアの趣味部屋が欲しいものです。

妻が「片付ける」と宣言して少しだけ片付けた居間ですが、劇的に変わったわけではないため、このまま二人掛けのソファを置くと、ソファが“荷物置き場”になってしまいます。三人掛けのソファを処分した理由が「荷物置き場になっているくらいなら捨ててしまえ」だからです。よって、まずは一人用のソファを居間に置いて、二人用のソファを私の部屋に置きます。


大抵のものが同じですが、店頭で見て触った感じと自室に実際に置いた感じで違うのは“大きさ”です。当然ながらそれは相対的なものであるわけですが、やはり二人掛けのソファとはいえ、荷物が多い部屋に置くと結構な大きさを感じます。


部屋のこちら側だけ見れば、現時点ではベストなレイアウトであると自負しています。


“くつろぎ部屋”が完成系に近づくにつれ、「大きい画面が欲しい」という思いが強くなってきます。30年前に28インチテレビを買った時は「大きいな」と感じたものですが、今では32インチテレビすら「小さいな」となるわけですから、居間に置いてある40インチテレビでようやく「普通」なのかもしれません。

さて、どうなることでしょうか。続く。

秋冬バージョンに部屋を模様替え

趣味部屋の模様替えファイナル」で部屋の模様替えは完了したはずでしたが、お盆休みの間にもう一回大掛かりな変更をしています。写真を撮り忘れたため日記には書いていません。

まだ気になる修正箇所が残っていますが、なんだか面倒になってきたので、しばらくはその状態で維持する予定でした。ところが、数日後に二人掛けのソファが届くことになったため、またまた模様替え。

昼間にテレビを観ると出窓を眩しく感じるため遮光カーテンが必要になり、ニトリに立ち寄ったところ、なぜか妻の気まぐれでソファを買うことになったのです。

狭い部屋をあれこれ工夫してレイアウトを組んでいるため、ソファを置くスペースを作るのも大変です。当然ながらテレビを観るためのソファですから、ソファを置く場所は限られます。

出窓にカーテンをつけるためにテレビの周りを片付ける必要があったので、ついでに気になっていた箇所も改善しておきます。


このようにしたことで、テレビを観ているときの圧迫感が薄れます。


あちこちに分散させていた映像ソフトを1箇所に集めました。これでどのくらい所有しているのか一目で分かります。


自転車3台と小型の本箱が置いてあったところにベッドを設置。こちらにも遮光カーテンをつけました。


最適解を見つける前に作業に取り掛かってしまったため、ここは倉庫状態です。年明けの超断捨離以降は荷物が減っているわけではないため、「ところてん方式」になってしまうことは仕方ありません。