振り返り



長いようで短かった1年でした。

仕事関係では十数年間の中でワースト3に入るほど酷い年であった。まあこの調子だと来年はもっと酷くなるだろうから、来年こそは間違い無くワースト1だろう。私と同じような感想を持つ社員はきっと全社員の半数以上いるだろうたぶん。

プライベートでは「趣味」が1年間かけて徐々に変わったような気がする。変わったというよりは、たくさんある趣味のそれぞれに割り振る比率が変わったというのが正解かも。現時点の一番の趣味は「写真」です。

私の中で「写真」が趣味のトップになったのは実のところ3回目だったりする。まあだいたいトップに踊り出るパターンはいつも同じです。心境の変化とか環境の変化でインドアとアウトドアがあるサイクルで入れ替わり、アウトドア(だからといってキャンプとかハイキングに限定しているわけではない)のサイクルに入ると“お出かけ”になるわけで、いろいろ出かけると必然的に記念写真を撮り、ある期間がすぎると「写真」に拘り始めているというパターンです。

1回目は、サイクリングで中部・近畿地区を走り周っていた13~17歳のころ。写真がメインになったのは16~17歳のころか。2回目は、車で日本全国を走り周った21~24歳ころ。新しいカメラを買ったのは22歳だったような。それ以降はそれまでの知識と経験で拘りをあまり持つことなく旅行先や各種行事などで撮影していた。デジカメを買ったときも過去の経験上の判断でC-1400XLに決めた。当時の他のデジカメではまともな写真など撮れるわけがないと思ったからである。そして3回目であるが、車をALTEZZAに替えて走りまわるようになると、C-1400XLの稼動率も高くなり「取材写真」とか「記念写真」を数多く撮るようになった。いろいろと撮影していくうちに次第に拘りが出てきて何時の間にか写真が趣味のメインになってしまった。

しかし、過去の「写真が趣味」とはちょっと今回は違う。何が違うかはまた次の機会に書くことにして、来年も月々のテーマを作っていろいろと撮りに出かけようと思う。