会社は誰のもの

まあいろいろとありますが、中小企業というものは所詮は社長の一存でいろいろと決められてしまうものです。そういうのをワンマン経営というのですが、ワンマンゆえに物事を決定するのも早く、大手に比べて小回りが利くというメリットもあります。(あくまでも一般的には)

当然、メリットもあればデメリットもあります。ワンマン経営の場合、どうしても「会社は社長のもの」という雰囲気が漂ってしまうわけで、幹部社員と言われる人たちも単なるサラリーマンであるという意識しか持てず、社長に言われたことしかしないのでしょう。

「会社は社員のものだ」という某ドラマの台詞を聞かせたいものだ。