入社式

あっという間の1年でした。いろいろあった1年でしたが、「進化」を信条としている私としては不本意な1年でした。3年ほど前から窮屈さと退屈さを感じています。

今日から新年度、当然の如く朝一で「入社式」があったわけですが、出身校が年々すごくなります。わざわざこんな田舎の中小企業に来なくても良いものをと思いますが、「ここしかない」という就職事情なのでしょうか。でもね、きっとリタイアするのも早いと思うよ。この会社は学歴や頭脳じゃやっていけない、体力と根性さえあればいい、そんな会社です。ほんと。でも一番必要なものは忍耐かもね。