スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原監督辞任

今日の話題はこれしかないでしょう。

「原監督辞任」

まさかまさかの急展開。

「辞める辞めない」というよりは「辞めさせる辞めさせない」で騒ぐワンマンオーナーの言動が最悪の結論を導き出したのではないのか?

昨年は何をやっても上手く回った「原采配」であるが、今年は何をやってもダメ采配であった。故障者続出で経験不足の指揮官では手におえなかったチーム状態ではいたしかたが無いところ。

3年契約が切れる来シーズンこそが原監督の監督としての資質が問われるシーズンになったハズであるが、それを待たず「辞任」とは…

原監督の選手の起用方法については開幕当初から非常に疑問符がついていたが、それ以前にチームの主軸である松井が抜けた後をどうするのか決め手に欠けたままシーズンインした時点で危険信号が点滅しっぱなしであった。投手陣も同様に変なことばかり。何か一つが狂うと修復ができずにジタバタして余計におかしくしてしまう。

良いことも悪いことも一つ一つが経験であるので、“監督”としての経験を積んでいくことで名監督への道を歩むのでは無いのか。

今シーズンの反省を踏まえて来シーズンがどうなるのか楽しみであっただけに非常に残念である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。