スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式(小学校)

今日は娘の小学校の卒業式でした。

桜咲く6年前、元気良く入学式を迎えた我が娘。月日が流れるのは早いもので、あっという間に6年が過ぎ今日は卒業式。私が小学校を卒業したのは、はるか昔であるが、我が母校は今も変わらず。うーん、感動的でした。

ところで、撮影をどうするのか当日の朝まで悩みました。そもそも平日の卒業式に父親がどのくらい参加するのか不明。いつぞやの授業参観のように「父親の参加者はたったの3名」だと恥ずかしいぞと娘に「お父さんがどのくらいくるのか友達に聞いてよ」と何度も催促したが結局“不明”。

まあこうなったら娘の小学校生活最後のイベントであるからして気合を入れて撮影するかと機材一式抱えて出撃。父母席を見ると結構な数の「お父さん」。やれやれ一安心。ところが…。

撮影モード気分なのは私一人ジャン。皆さん席でおとなしくしている…。

「一脚+望遠レンズ」の撮影スタイルではまるでどこかの出張写真屋さんみたいである。しかし、いまさら引き下がるわけにはいかぬ。撮影ポイントを慎重に選び、卒業式が始まるのを待つ。開始10分前にようやくカメラマン2号登場。お仲間が居てよかった〜。これで遠慮なくビシバシ撮れるぞ〜。と思ったのもつかぬま、彼の装備は高倍率コンパクトデジカメ+ビデオであった。その装備なら「卒業式にやってきたお父さん」に相応しいかも…。

完璧にカメラマンモードに突入した私は、卒業式を遠慮なくバシャバシャ撮ったのであった。

式後、教室で「最後の先生のお話」は感動ものですね。その後の記念写真大会の盛り上がりようも凄まじい。でも、撮っているのは「お母さん」たちばかり。父母席に居た「お父さん」たちはどこへ消えたのだろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。