ビジネスシヨウ TOKYO 2005(1)

「デジタルドキュメントセミナー」

 数年前に話題になったが、未だに表舞台に出てこない「XML」についての現状と実例を分かりやすく説明してもらえたセミナーでした。

 XMLはインターネット上の仕組みの中で比較的新しい技術であり、表舞台に出ようとしていた時期は大いに期待されていたものでした。しかし、インフラがまだXMLを使いこなせるだけのパワーを持っておらず、いつの間にか話題にすらならなくなっていたと思われていました。月日は流れ、最近の“ブログ”ブームの影でブログを実現している技術がXMLであることは知る人ぞ知る話であり、表舞台にこそ出てこないが、実はXMLを使ったサービスというものは他にも数多くあるようです。

 「なぜXMLが表舞台に出てこないのか」疑問に感じていました。あくまでもXMLも技術のひとつであり、大げさに「XMLを使って…」などとアピールする必要がなく、開発側が「XMLを使うことのメリット」を考え採用しているだけであり、利用者側は仕組みの中身など気にする必要がない。「より便利に使うためのXML」であり、あくまでもそれは手法であり目的ではない。

 これは先月受講した「SOA」に非常に関係してくる話です。インターネット上の各サービスがXMLで構築されているとしたら、それらを有機的に連携して「より便利なサービス」に進化させることができる。よって、もし新規にWebサービスを構築するのならば、なるべくXMLを使うことを推奨し、その背景には有機的な連携があるという「より便利なネットワーク時代」を目指す姿が少しだけ見えてきました。

 各企業、各行政機関が提供する様々なサービスを利用者が個別に利用するのではなく、必要とする情報を一元的に、そしてリアルタイムに取得できるとしたら「より便利な生活」ができます。現時点では特定の企業や特定の機関がそれを推進するのではなく、企業の壁を越えて作られた「XMLコンソーシアム」が中心となり、各企業や各行政機関に働きかけ、協力してもらっているようです。

 Webサイトの「リンク」という手法は便利なものです。検索サイトと各サイトのリンクを辿っていけば欲しい情報が手に入ります。しかし、そこには非常に無駄な作業が発生していることも事実です。自分が欲しいと思う情報を得るために複数のサイトを渡り歩き、多数のページをチェックすることを強いられます。もし、欲しい情報だけを世界中のサイトやサービスから収集して一度に見ることができれば「情報を得るための時間」を極めて短縮できます。

 XMLコンソーシアムが目指す「より便利な生活」の実例として「道路交通情報Webサービスを使った複合Webサービス実証実験」の説明がありました。なぜ「実証実験」なのかは、企業として提供するサービスでは利権が発生してしまうため行政機関の協力が得にくいからだと憶測できます。XMLコンソーシアムが実施する実証実験という名目で行政機関および各企業から協力を得ることで「最終目標」を達成するための道筋を作ることができたようです。この実証実験の内容としては「万博に遊びに行く」を題材に「旅行プラン作成」「旅行中のサポート」を提供します。

 「旅行プラン作成」については、現状よりももっと有意義な情報をもっと便利にもっと簡単に収集できる仕組みです。ネットを使いこなしている人には“ちょっと便利”程度のことかもしれませんが、そうではない人には旅行会社の優秀なツアーコンダクターのような存在に思えるかもしれません。そして「旅行中のサポート」の方こそがこれからのネット時代を表すかのようなサービスで、今の自分が置かれている状況を中心に情報収集がされる仕組みです。こちらは旅行会社の優秀な添乗員さんが常に行動を伴ってくれるようなものでしょうか。

 ○○○○○においても多種多彩な専用システム、そしてWebサイトがありますが、情報の一元管理、情報の活用のしやすさ、などを考慮するとXMLを検討する余地は十分あります。究極な仕組みを例にすると、営業企画で商品情報マスターを作成すると、それを元に社内連絡書が作成され全社に配信、ホストのマスターに反映、サーバのマスターに反映、メガネットのマスターに反映、Webサイトの商品情報ページに反映、Webサイトに反映された情報が眼鏡店様のWebサイトに反映などのように、人手を極力かけずに一つの情報が何段階にも利用されるようになります。

 以上のようにXMLというものはあくまでも技術であり、その技術をどのように使っていくのかはまだ誰にも分からない代物です。しかし、現状の各種専用サービスやWebサイト(静的、動的含め)のように二次利用しにくいものをそれで良しとは考えず、もっと活用できるものに進化させることができる技術として「XML」は最有力候補だと思いました。