江藤さんガンバレ

長嶋さんに憧れて、広島からFAで巨人入りしたが、他球団で当たり前のように「4番サード」をこなす江藤さんですら巨人では控え選手。

今の子供たちはどうかは知らないが、昔の野球少年たちの大多数は「野球をやるのなら巨人」を目標に頑張ってきたハズ。

ようやく念願叶って巨人入りしても、「あくまでも巨人の選手」にこだわるのか、それとも野球人として「試合に出る選手」なのかで本人も随分と悩んだことでしょう。世間的には「巨人の選手」という看板は非常に大きいと思うが、試合に出てこそ「選手」ではないのかと江藤さんの立場に同情さえした。

誰かが故障すると代わりにサードを守る、またはファーストを守る。はたまた“代打の切り札”として登場する。もともと「代打」で出てくるような選手ではないため結果は付いてきません。年間通してレギュラーとして活躍してこそ結果が残る選手。

このままベンチで隠居生活、そして解雇となってしまうのか。あーもったいない。楽天に行けばいいのになぁ。と思いつつ昨シーズンの江藤さんの活躍を見守った。しかし、残念ながら結果は最悪でしたね。選手層の若返りを進めている状況では清原と同じ運命か…

豊田投手の移籍が発表された時、金銭保障ではなく人的保障を求めるような報道があったため、もしかしたらと思っていたが…

西武が巨人・江藤を獲得 FA豊田の補償選手
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/sports/20060105/20060105a5400.html

西武は5日、フリーエージェント(FA)宣言して巨人に移籍した豊田清投手(34)の補償選手として、巨人・江藤智内野手(35)の獲得を発表した。背番号は33。

江藤さんが西武へ移籍することは、江藤さん本人、両球団、そして江藤さんを応援する人々にとって、とても良い事だと思う。

江藤さんガンバレ!!