カーリングが面白い

トリノオリンピック、日本は今のところメダルの獲得数“ゼロ”。
なんだか盛り上がりも欠けてきたような。
女子フィギアスケートがスケジュール終盤になっているから、そこまではオリンピックの話題は世間でされるでしょうが…。

最近、個人的にハマっているのが「カーリング」です。

NHK総合で深夜に放送されるダイジェストをついつい観てしまい、連日寝不足気味。

『氷上のチェス』と呼ばれるカーリングは、観ていてとても面白いです。

他の競技の場合は「選手」が全てで、観ている人は「応援」ではあるが観ているだけのこと。

ところがカーリングの場合は観る側も「試合にのめり込める」のです。

これは野球と同じで、試合を観ながら自分なりの戦術に思考を巡らせるという楽しさがあるから。

ルールなどは「東京都カーリング協会オフィシャルHP」を参照。
http://www.tokyocurling.com/

ところでこの「カーリング」を舞台とした映画が制作されました。
五輪チームの実話をモデルとした映画「シムソンズ」です。

シムソンズ
シムソンズ

地元の映画館で上映されるのなら観にいこうと思う。

カーリング映画が公開へ 五輪チームの実話モデルに

高田本部長「シムソンズ」カーリング支援

実話カーリング映画公開へ