「インターネットマガジン」が休刊に

「インターネットマガジン」が休刊に
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0603/01/news086.html

インプレスは3月1日、インターネットを専門に扱ってきた月刊誌「インターネットマガジン」を、2006年5月号(3月29日発売)を最後に休刊すると明らかにした。

同社は「社会全体に大きな影響を与えるまでに成長したインターネットを、1つの雑誌でカバーすることは難しく、必ずしも読者ニーズに合っていないと判断したため」と説明している。

ネットの普及で「月刊誌」そのものの存在意義が薄れてきた。最近は「新聞」を読まない若い人が増えたそうで。

「レクサス」目標8割どまり 顧客訪問で挽回狙う
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060301-00000080-mai-bus_all

トヨタ自動車が高級車ブランド「レクサス」の国内展開を8月末に始めてから半年が過ぎた。月間3000台の販売を目指していたが、実績は8割どまり。「目標が高すぎた」との反省も聞かれるが、最高級車種「LS」が今秋、ラインアップに加わるのを機に、顧客宅の訪問など「トヨタ的営業」を強化させ、巻き返しを狙う。

“レクサス”は「富裕層」のためのブランド。
一般庶民がムリして買うような車ではない。
「富裕層」の人たちがベンツかBMWかそれともレクサスにするかと検討するもの。
ところが実際は数多くの「ムリすれば買えるかもしれない」という人たちが店頭に現れ試乗を何度も繰り返しているらしい。
とにかく“レクサス”は悩んで買う車ではない。
ISの価格設定が一般庶民を悩ませるタネ。
LSを買ったご主人に、奥様にISはどうですか?
という売り方をしたかったかもね。