スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾に通えぬ小中学生に“公立塾”

塾に通えぬ小中学生に“公立塾”
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060416it01.htm

経済的理由などで塾に通えない子どもを支援するため、文部科学省は来年度から、退職した教員OBによる学習指導を全国でスタートさせる方針を固めた。 通塾する子どもとの学力格差を解消するのが狙いで、放課後や土・日曜に国語や算数・数学などの補習授業を行う … 教員OBによる学習指導は、この事業を拡大する予定で、各都道府県を通じ、市区町村に運営費用を支援する。

またまた税金投入ですか。この制度は何かおかしいぞ。
子どもを塾に通わせるために、母親が頑張ってパート勤めをしている家庭も沢山あるだろうに。
どうしても塾に通えないのならば通わなくても良い様に勉強しろ。

教員OBの再雇用先を確保することが目的のような気がする。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。