「まさか!最後の最後で」ですか?

靖国参拝論議に終止符、天皇の意思と小泉の決断

昨日(7月20日)の日経新聞の大スクープ、

「A級戦犯靖国合祀
昭和天皇が不快感
参拝中止『それが私の心だ』」

にはビックリした。

昭和天皇が当時の宮内庁長官、富田朝彦氏(故人)に語ったことが富田氏のメモでわかったのだが、まさかこのような大資料が今日まで眠ったままでいようとは思いもよらなかった。

~~~~~

“小泉信長”は、憲法上は日本国のシンボルである天皇の意思(生前公式には表明されていなかったが、今はっきり明らかになった意思)を無視して、「オレさまこそ日本国の権力意思そのものである。日本国を法律上代表するものである。中国も韓国も見よ。これがオレさまの心だ! それが天皇の心と食い違っても、これが日本国の代表者の心だ!」と、堂々の8月15日公式参拝に踏み切るのか。いま小泉首相は悩みに悩み抜いているにちがいない。

時間がもう1カ月もない。

さあ、どうする小泉!

切れ味鋭い記事。
小泉首相不支持派である私としては久しぶりにスカッとした。
ほんと「さあ、どうする小泉!」ですな。

自分がやりたかったことをやりたいようにしてきた小泉首相であるが、ここにきてこんなことになるとは予想もしていなかったであろう。
まるでスレイヤーズNEXTの「冥王フィブリゾ」のようだ。