スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年振りに眼鏡を

現在使用している眼鏡は10年前に購入したモノである。当時は「プラスチックレンズ」の見え方に違和感があり、それ以前に購入したガラスレンズの眼鏡をその後も使っていたが、ガラスレンズの眼鏡のフレームが破損したためバトンタッチ。

破損したフレームを購入店に持ち込んだところ「直せない」と言われ当時は諦めたが数年後に昔通っていた眼鏡店で相談したところ「知り合いの職人さんに依頼してみる」ということで預けたところ、見事復活。ガラスレンズのクリアさは捨てがたいものがあるが、「プラスチックレンズ」の軽さに慣れてしまうと「ガラスレンズ」の重さには耐えられないため、修理してもらった眼鏡はそのまま引き出しの奥へ。

長年使っているとフレームが歪んできてフィッティングにズレが出てきたり、レンズのコーティングが剥がれてきたりと何かと不都合があるのだが、服を買うのも面倒な性分な為かどうも眼鏡店へ行くというのが面倒で今に至る。それを買えば何か良いことがあるとか楽しめるとかあれば買うのだが………という理由で「そろそろ買わなきゃ」と思いつつ2年経過した。

自宅の近所に眼鏡店があれば行く気にもなるのかもしれないが、車で20分から30分掛けてまで出かけなければならないというのが一番の理由かも。

また今度、また今度、また今度と伸ばし伸ばしにしてきたが本日、眼鏡を注文してきた。いやほんとそろそろ限界。フィッティングが合っていなくてとにかく見辛い。フレームが相当歪んでいるのかも。

強度近視のため高屈折率のレンズが必要になり、これがまた高額出費の原因。

で、なぜ買う気になったのかであるが、超高屈折率レンズが「ペアで9800円」というチラシを見たからである。オプションでカラーを付けてもプラス1500円ちょっと。ただ、安売り店だと何かと不安があるので、プライベート用の眼鏡を作ることにした。(フレーム込みで25000円ちょっと)

予想通り「安売り店」である理由がやはりあり、買うのをやめようかと思ったが、ここでやめると「また今度」がしばらく続くため、半ば諦めて注文。仕上がりは10日後だそうだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。