スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度はパジェロミニ野郎

ここ数年間、朝の通勤路で見かける「パジェロミニ」の運転マナーの悪さにイラつく。

まずは側道から片側2車線の本道へ合流する時、“合流”ではなく“横断”である。左側車線を走ることなくいっきに右側車線へ向かうのである。側道から本道へ合流する時は、右にハンドルを切ることなくスムーズに合流して、改めて右側の車線へ“車線変更”するのが一般的だろう。ところがパジェロミニ野郎は側道から右に車を振っていっきに右側車線に飛び出してくるのである。左側車線を走ってきた車としては、突然目の前に割り込んできた車がそのまま横切っていくようなもので、むちゃくちゃ危険。右側車線を走ってきた車としてはいきなり目の前に車が現れるので危険度大。パジェロミニ野郎の前を走っている時にこれをやられるとむちゃくちゃ怖い。こちらとしてはスムーズな車線変更のつもりで右側へ移動しようとしているのに、それを阻止するかのように右側車線を加速してくるのである。負けずにこちらも加速するか素直に諦めるかしなければ、確実に接触する。

パジェロミニ野郎の無謀運転は“合流”だけではなく、その後も続く。少しでも隙間があれば“車線変更”どころではなく“スラローム”である。「ウインカーを出して数秒待って車線変更」ではなく、突然割り込んでくる。そして最悪なのは、他の車が“車線変更”でパジェロミニ野郎の前に入ろうとするとワザと前につめて入るのを阻止しようとする。そしてパジェロミニ野郎にとって“煽り”なんて当たり前の行為。

パジェロミニ野郎と私と勤務先が近い場所にあるため、パジェロミニ野郎の無謀運転は会社の近くの山道まで続く。“パジェロミニ”なんていう車で暴走するため、山道でのセンターラインはみだしのコーナリングなど当たり前となっている。それなりの車でやるのならば、こちらも諦めも付くが“パジェロミニ”なんていう軽自動車でやるというのが許せん。そういう車じゃないだろうに。パジェロミニ野郎にはなんども危険な目に合わされているため、朝からパジェロミニを見ると気分が悪くなる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。