スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親戚の通夜

 親戚の通夜に行ってきました。亡くなったのは叔母の夫の母親ですが、大勢の親戚が弔問していました。子供、孫、ひ孫、、、

 眠るように最期を迎えたそうですが、それはとても幸せなことだと思います。お顔を拝見しましたが、心安らかにお亡くなりになったことがよく分かります。実の息子さんが定年退職後、ずっと側にいていろいろと面倒をみてあげることができたのも幸せの要因だと思います。お亡くなりになる前日にお嫁さんに対して急に丁寧な言葉を使うようになったそうです。それはきっと自分の死期が近いことを察し、長年の感謝の気持ちを伝えたかったからだと私は思います。

 自分の最期をどのように迎えるか、それは誰にも分かりません。本人も身内も周りの人も「幸せだった」と思えるような最期を迎えることができることが本当の幸せなのかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。