趣味に没頭して車が

先日の会社の行事で半期の業績発表があったが…

前半期の貯金を後半期で食いつぶし、今冬の賞与はなんとか計画通りに支給するが、これからは常にマイナスになるため夏の賞与はどうなるのか分からない。

まさに衝撃的なトップのお言葉である。

それにしても昔から何も変わっていない。利益が出たときに経営陣も管理職たちもウハウハ状態で「次」のことを考えない。利益が出たときこそ「次」のための投資をして利益を出すように取り組むべきなのに、「利益が出ている」と浮かれまくってわけが分からない買い物し放題である。営業部なんか全員海外研修(豪遊旅行?)なんかして何やってんだか。

で、ここでふとマズイことに気が付いた。今までそれなりに賞与が出ていたので、物欲のまま趣味に投資してきたが、それが長期化したために「車」のための貯金を全くしてこなかった。以前は「月に3万円」貯金していき、7年ごとに車をチェンジしてきて、アルテッツァは大幅に予算オーバーしたため9年間乗ることにしたが、乗ると決めただけで次の車の分の貯金をしていない。カメラ機材への投資も後少しで完了する予定だから、2年半で挽回できるかもしれないと目論んでいたところに「夏の賞与は無いかもしれない」宣言を出されてしまった。非常に困ったゾ。

趣味と車の両立は難しいと改めて認識したけど、うーん次は軽自動車ですか? 実は24年前から「欲しいなぁ」と思いつつ何故か買わなかった「軽自動車」がある。これがまた「軽自動車」とは思えない価格で、総額180万円もする。でも2年半で300万円はチト無理っぽいため次はその「軽自動車」かな。