スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻パットを付けてもらいました

先日購入したメガネのフレームは、ナイロールとセルですが、セルフレームだとどうしてもズリ落ちてきてしまいます。鼻筋が細いのが原因で、そのことを眼鏡店の店員さんに相談したところ、セルフレームを加工して鼻パットをつけることができるそうで、やってもらいました。そのお陰で自転車を一日乗っていてもズリ落ちることはなくなりました。

2年半前に購入した3本の内の1本がセルフレームで同様の理由で、ズリ落ちてとても不便なためすぐに使わなくなってしまいました。ムリに鼻筋に押し付けて使うと、レンズ裏面が目に近過ぎて、度数が強めに出るため頭がクラクラするうえ、まぶたがレンズに触れてしまうこともあったため、このフレームも加工してもらいました。

で、出来上がったものがこれです。

これはドライブ用に作ったもので、遠方度数に合わせて強めの度数で作ったため、今となっては近くが見づらいですが、ドライブ用ですからそれで良しとします。店員さんが心配していたように度数を弱めに作った先日の2本はちょっと運転には不便ですので、このメガネを再び使うことにしました。

ちなみに鼻パットをつける加工賃は2100円でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。