スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダからの手紙2



10時過ぎ起床。
昨夜残したハンバーガーをかじる。
今日は完全休養日ということで、長期滞在メンバーの生活品の買いだしに近くのスーパーマーケットに出かける。
スーパーマーケットといっても何店か集まった感じの作りになっています。

日曜雑貨品売り場の“ウォルマート”はとにかくデカイ。カーマの超巨大版みたいな感じです。
売っている物そのものは日本で見かける物とあまり変わらず、値段もそれほど安いというわけではない。
日本の場合、大量に“中国製”が販売されているので、単純に安さで勝負すれば日本で買ったほうが安い。

専門店街(こじんまりした店)で見かけたプラモデルの価格の高さにビックリ。TAMIYAの製品ですが、日本での販売価格(定価)の2倍以上。
並行輸入品なのでしょうか。日本で売っている製品そのものです。

食料品売り場では、その値段の安さにまたまた驚く。食材全般的に安いです。
普通考えれば、こちらの販売価格が妥当なのかもしれません。生きていく上に絶対必要な食材については安く、その他については多少高くても良い。
日本の場合、食料品関係が高すぎます。よって収入が少ない場合、何を削るかといえば“食料品”となってしまうわけです。

昼食はスーパーマーケット内のファーストフードコーナーでとりました。
“米”が食べたかったので、それぽっい物を注文しましたが、はっきりいっておいしくないです。やはり“米”は日本が一番。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。