スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型の「郵便受け」を設置

Amazonからの発送が「日本郵便ゆうパケット」になっている頻度が非常に増えました。郵便物ですので、配達側も受取り側も手間が減って良い事なのですが、なぜか“再配達”になることが結構あります。そのまま郵便受けに入れられるものもあれば、わざわざ手渡しされるものもあり、手渡しだからといってもサインの必要がありません。

再配達を依頼して、それを妻が受け取った時に「郵便受けに入らないから」と配達員に言われたらしいので、たまたま私が居た時に配達があり、改めて配達員に確認したところ「人によりますが、少しでも郵便受けから“はみ出す”場合は手渡ししています」と説明されました。

以前なら無理やり郵便受けに突っ込んでいたような気がしますが、どこからかクレームでもあったのでしょうか、「お問い合わせ伝票番号」がある荷物については郵便受けに完全に入らなければ手渡しになっています。

ならばAmazonからの配達物が入る「郵便受け」を設置すれば良いのでしょうか。

ということで、大げさすぎない一般家庭向けでなるべく大きいものを注文。


グリーンライフ ステンレスポスト PH-80

幅450×奥行250×高さ380mm

「角型2号封筒(A4)がすっぽり入ります」ということですので、Amazonで買った書籍類は問題なく入りそうです。

これで再配達になってしまう可能性が激減して、お互いに手間が減って良い事です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。