スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニカーという選択肢もありか

断捨離をしすぎて自室が少し寂しい感じがしたので、ついつい何か欲しくなります。かといって邪魔になるものを買うとそれを捨てる時に困ります。

置いてあっても邪魔にならず、眺めるだけで楽しくなるようなものは何かないものか。もちろんそのうち捨てても気にならない価格の範疇で。

花を飾るという趣味は持っていないので、こんなものを購入。実は随分前に「新製品情報」をたまたま見つけたのでAmazonで購入できるタイミングを待っていたのです。(※3月下旬に購入)


ドリームトミカ No.168 頭文字D FC3S RX-7

「赤城の白い彗星」と呼ばれた高橋涼介の愛車。なかなか丁寧に作られています。


ドリームトミカ 頭文字D FD3S RX-7 プロジェクトD仕様

高橋啓介のFD3Sですが、FC3Sに比べると少し雑な作り。


トミカ No.26 マツダ ロードスター

あわせ買い対象商品が含まれていたため金額合わせのために選んだのですが、「祝!!2016年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー受賞」ということで。

ここまではE-PL7にマクロレンズを使って撮りました。f4まで絞ってもボケすぎますね。ここからはスマホで撮ります。


トミカ 頭文字D AE86トレノ

藤原拓海が駆るハチロク。ドリームトミカではなくトミカですが、丁寧な作りです。


ドリームトミカ No.141 頭文字D スカイラインGT-R

中里毅のR32。黒いボディに青文字のチームステッカーだと文字が目立ちませんね。

以上があれこれまとめ買いしたミニカーです。池谷先輩のS13、真子のシルエイティ、恭子のFD3Sなども発売して欲しい。


クロネコメンバーズのポイントが溜まっていたのでミニカーと交換。なかなか凝った作りをしています。


大掃除の最中に妻が発見した「Toyoda Model AA」。いつどこで購入したものかさっぱり分かりません。

1936年、トヨタ自動車初の生産型乗用車として誕生

現在の技術を使って、この車を造ったら結構売れると思うけど。価格次第ですが私は欲しいです。

プラモデルだと結構な大きさになって置き場に困りますが、ミニカーくらいなら数さえ増えなければ邪魔にはなりませんね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。