スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと風呂場の修復

ちょうど築27年になる我が家ですが、思っていた以上に長持ちするようで、まだまだ建て替えの必要はないような雰囲気です。しかしながら、水回りだけはどうしようもないようで、いつからなのか記憶が無いのですが、風呂場が大変なことになっています。


壁のタイルの「シリコンシーラント」が剥がれて隙間ができています。


ここはもともとどうなっていたのか不明ですが、かなり大きな隙間と言うか割れ目ができています。

写真を撮り忘れましたが、左側はタイルが欠けて大きな穴が空いているため、排水口をぐるっと囲むように「シリコンシーラント」で隙間を埋めるというわけにはいかないような…

このまま放置すると隙間から水が流れ込み、木造建てゆえに腐ってしまうかもしれません。専門業者に頼めば綺麗に原状回復してくれるかもしれませんが、なんだかんだでぼったくられる可能性が高いため、自力でなんとかします。


近所のカーマに出向いて何が良いのか商品説明を見ながら検討した結果、アサヒペンの「コンクリート クラック・止水補修材」を購入しました。この小さなバケツに水を入れて、粉上のセメントを混ぜるとあっという間に固まり始めるため、穴を埋めたい所に練り込むだけでOK

商品特長
●超速硬!約3分で硬化
●コンクリートやモルタルなどのヒビ割れ、水もれを補修することができる
●すばやく固まるので、効果的に水もれを止めることができる

夏場なら2分で固まるらしいので、作業を急ぐ必要はありましたが、実際は固まり始めるのが早いだけで、すぐにカチカチになるというわけではありませんでした。


「シリコーンシーラント」の残骸を剥がさなかったため、かなり雑な感じになってしまいましたが、まあ良しとしましょう。


こちらも綺麗に隙間が埋まりました。


巨大な穴が空いていたここは仕上がり具合が酷いものですが、水がダダ漏れするよりはマシです。グレーになってしまった箇所を気が向いたら白く塗ることにします。

数年後にリフォームまたは建て替えを予定しているため、それまで余分な出費は控えるためにも、見た目はおいといて自分でできることは自分でやっていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。