小型テーブルを簡易コタツに変身させるアイテム

自室の板間側を昔からあまり使わなかった理由が「冬場が寒い」からです。その寒い部屋をホームシアタールームにしましたが、1本映画を観ている間にしもやけになってしまいました。ホットカーペットだけでは暖房効果が殆どありません。困ったことに電気ストーブを入れると、家族がプラスαで電気を使った瞬間にブレーカーが落ちます。つまり、昔から寒い思いをしてきたため、板間側が倉庫状態になっていたわけです。


お気に入りの小型のテーブルを撤去してコタツでも買おうかと思いましたが、せっかく片付けた荷物が増えてしまいます。何か良い方法は無いものかとAmazon、アイリス、楽天で暖房器具を探したところ、これは!というアイデア商品が見つかりました。


パネルヒーター(遠赤外線・暖房・電気代・デスク・壁掛け・ポータブルこたつ・パルサーモ・DPH-50A・日本製)

楽天ショップで6980円なり。特売品の小型コタツなら十分に買うことができる金額ですが…

一晩どうしようか悩みましたがポチッしました。


商品説明を見ても実際にはどのくらい効果があるのか分かりませんが、無いよりはマシです。電気代がそれほど掛からないということは、「少しだけ暖かい」ということは間違いありません。


ストーブを置くことができない場所でのデスクワーク用途の暖房器具ですが、なかなかのアイデアだと思います。


磁石でくっつけるため、当然ながら設置場所が“鉄板”でできている必要があります。

小型のテーブルは木製です。さて、どうしたものか。


ということで、近所のホームセンターで解決策を見つけてきました。


これなら磁石にくっつきます。


さっそく金具をテーブルにネジ止めします。


テーブルの脚を畳んでも干渉しません。ここが大切です。


パネルヒーターを静かに載せます。手抜きせずに現物で位置合わせをして金具をネジ止めしたため、ピッタリです。

クルッと勢いよくテーブルを反転させるとガタッと落下してしまったため、磁石はそれほど強力ではありません。パネルヒーターを付けた状態で乱暴に移動させることは厳禁。


下から覗き込まなければパネルヒーターが付いていることは分かりません。あとは要らなくなった毛布をテーブルに被せて簡易コタツのできあがりです。パネルを手で触っても「ちょっと暖かいかな」という程度ですが、ホットカーペットとセットで使えば板間でもなんとかなりそうです。