カナダからの手紙8



トロントからは西回りで日本に戻るわけですから、飛行機に乗っている間はずっと昼間です。
トロント出発が午後1時、成田着が午後3時、日付は1日進むが非常に違和感があります。

ようやく成田に到着。
日本に帰ってきました。
入国審査も
「カナガからのお帰りですね」
「はい」
で終り。
このタイミングでの入国は、ほとんどが団体客だったので私もその中の一人だと思われたのであろう。

心配された荷物。
随分待たされたが無事出てきました。
大きいスーツケースなどはさっさと出てくるようです。

この後は、成田エキスプレス、新幹線、名鉄に乗り継ぎ帰宅。

とりあえず、成田エキスプレスのチケットを購入後、会社へ無事帰国したことを報告。
明日、あらためて会社へ帰国の報告へ行くので、今日のところは「帰国した」の一報のみ。

成田エキスプレスの乗りこんだ途端、安心感からか睡魔が襲ってきて熟睡。
40分ほど寝ていたようです。
車内はとても静かで気持ちが良い。

新幹線への乗り継ぎですが、18時30分過ぎの“ひかり”に乗ろうかと思いましたが、待ち時間が1時間もあるのでパス。ちょうど発車間際の“こだま”があったので、それに乗る。“こだま”で豊橋まで行くと非常に時間が掛かるが、予定していた“ひかり”よりはちょっとだけ早く着く。

しかし、“こだま”なのに非常に混雑。金曜日の夕方だからしかたが無いか。
静岡で随分と空席ができたので、これでもう一眠りできるかと思ったら、掛川で大量に乗車してきた。ブラジルvsイングランドを観戦した人達のようだ。またまた車内は大混雑。そして浜松でも大量に乗車。

豊橋で名鉄に乗り換え、ようやく帰宅。長いようで短かった1週間であった。

ps.
私が帰宅して一番喜んだのは愛犬ココかもしれない。
「会いたかったよ~。会いたかったよ~。」と随分と長くじゃれついてきた。
もちろん散歩へ。