コミュニケーション不足?



今日はつまらないことに巻きこまれ実り無き一日であった。

今月1日発売開始された新商品がちょっと特殊なものであって、その製作に関わる重要なポイントを各部署がバラバラな理解をしていたため、大混乱。

開発(その商品の設計者)、営業、受注窓口、生産、最終加工工程

端から見れば「単なるコミュニケーション不足」で片付けられてしまうような話だ。しかし、本当にそれで済まされてしまう問題なのだろうか。今回ようなケースは過去に何度も発生している。いや「何度も」どころではなく「頻繁に」だ。これがこの会社の「病み」の一つでもあるような気がする。

新商品に関する重要な事柄があるのならば、その商品の発売に関する責任者が責任を持って各部署に連絡をすべきだ。そして伝えておしまいでは無く、正しく理解されたのか確認すべきである。その「責任者」が誰なのかはっきりせず、担当者レベルで伝達しているだけでは今後もトラブルが起きます。

それにしても無関係な私を巻き込んで、私に「なぜこうなった」なんて聞くのはおかしいぞ。そしていかにも自分達は悪くない関係ないという態度を取る人達。あまりにもしつこいから「私の過去の経験」からいろいろと推測してあげると「“○○じゃないか”じゃ困る」とほざく。私は「おめえはアホか!」心の中で叫ぶ。責任者(リーダー?)って誰だ!出て来い!