日米野球



日本のドリームチームがメジャーにどれだけ通用するか非常に楽しみだった日米野球ですが、いざ蓋を開けてみると驚きの連続です。誰がこのような展開を予想できたことでしょう。日本のレベルもついにここまで来たかと誰もが感じているはずです。オリンピックやアジア大会などにもドリームチームが行けば楽に優勝できるのでしょうが、そこは「プロ野球」の宿命で実現不可能。サッカーとは違う。

日本の各チームの主力打者が集結すればいくらメジャーの投手だろうがなんとかなると思いますが、驚きべきことは日本の投手です。メジャーの超ド級打線を完璧に抑えている。第1戦の上原、第2戦の川上、この二人はメジャーへ行っても十分活躍してくれると皆に思わせる結果を残した。メジャーのスタッフ陣もこの二人を連れて帰りたいと思っているかもしれない。そして本人たちもメジャーでやってみたいと思っているかもしれない。

ここで「FA」という問題が出てくる。
高卒&ドラフトで入団、そしてすぐに一軍で活躍すれば「旬」な時期にメジャーへ挑戦できるかもしれない。
ところが大卒&逆指名で入団した場合はFA権取得の頃には年齢的に厳しくなる。
ピークを過ぎてからのFAなどせいぜい国内のチームの移籍しか道が残されていないのである。

今回の「日米野球」で活躍した選手が「メジャーへ挑戦したい」と心底願ってもそれが叶わないとしたら、、、

レンタル移籍制度のようなものを検討すべき時期に来ているのでは思う。
このままではメジャーを志望する選手は「プロ野球」へは入らず最初からメジャーへ挑戦してしまうようになるであろう。