ガルパン劇場版によって生活スタイルが変わった

毎週のように家のどこかを模様替えしているのですが、最後の砦になっている台所を突撃できていません。気になって気になって仕方が無いのですが、少しでも取り掛かろうとすると即効で拒否されます。



階段に収納スペースを作った時にカラーボックスをローテーションした関係で、廊下に残されたのはCX-5F(幅41.5×奥行29×高さ168cm)とCX-4(幅41.5×奥行29×高さ116.5cm)がそれぞれ1本ずつです。それらをどこかに移設すれば廊下がすっきりします。





「廊下をすっきりさせる」は“ついで”のことで、「あったかマット8mm厚」を畳間にも敷くことが今回の部屋いじりの目的だったのですが、「終わった!」とくつろぎ始めた時に「あったかマット」を敷くのを忘れていたことに気が付く始末。



午前の部で模様替え、午後の部でマット敷き作業。9時30分から始めて14時30分に終了。





廊下に取り残されているものは僅かです。大量に購入したメタルラックは娘の部屋と自転車倉庫で使ったため、残りは台所で使う予定ですが、それを実現できるのはいつになることやら。





漫画本コーナーにも空きが十分にあります。





溢れたDVDを置くスペースも十分にあります。





CX-5FとCX-4を置くスペースを確保するために、スペースフィットラック(幅80×奥行29×高さ60cm 2本)を一番最初に設置した場所に戻しました。そして出窓に60cm×60cmの棚を移設。





βとVHSのデッキはスクリーンの脇のデッドスペースに設置。「スライドラック 幅80cm」と「CX-4」をベッドサイドに移設。





CX-5F、パソコンテーブル、モジュールボックス(幅73cmx奥行29cmx高さ36cm 3本)を移設。PC関連も元の場所に戻したことになります。CX-5Fが外向きになっている理由は、サラウンドスピーカーが置かれているからです。





ガルパン劇場版のブルーレイを購入したことが切っ掛けで、あれこれ部屋の模様替えをしてきました。もし、ガルパン劇場版のブルーレイを購入していなかったら、PC兼用で大きめのモニターだけ購入してこちらの壁面に設置して、映像ソフト関係も大量に買うこともなく、北側の6畳間は自転車置き場&ローラースペースになっていたはずです。ガルパン劇場版は私の生活スタイルをガラッと変えた作品といえます。